関西労働研究会

平成26年度開催記録「第17回労働経済学コンファレンス」

日程

平成26年9月13日(土)12時40分より
平成26年9月14日(日)16時50分まで

会場

大阪大学中之島センター

第1日[ 9月13日 ](土)

[セッション1]座長:野田知彦(大阪府立大学)

  • 報告1 "The Effects of Minimum Wage on Skill Formation"

    報告者:原ひろみ(日本女子大学)
    討論者:奥平寛子(岡山大学)

  • 報告2 "Effects of Japanese Disability Employment Policy on the Adjustment of the Labor"

    報告者:長江 亮(早稲田大学)
    討論者:阿部正浩(中央大学)

  • 報告3 "Gender Division of Labor: Marriage and Job Search Model"

    報告者:古村 聖(名古屋大学)
    討論者:今井亮一(九州大学)

ポスターセッション

  • 張 俊超(横浜国立大学)"The Effect of Smoking on BMI: an Empirical Study Using IV Method"
  • 郭 秋薇(京都大学)「非正規労働者の訓練格差の原因を探る―雇用形態が仕事の割り当てに及ぼす影響を考慮して―」
  • 小原誠一郎(大阪大学)"The impact of reforms to the Japanese medical insurance system for the aged on their consumption and saving"
  • 張 世穎 (横浜国立大学)"Identification Issues on Curriculum Guideline, and Their Effects on Future Occupation Status"
  • 王 楽然(慶應義塾大学)"Fertility and Unemployment in Social Security System"
  • 高橋主光(東京大学)「男性無業率上昇因としての高齢者介護―『社会生活基本調査』匿名データを用いた分析―」
  • 茂木洋之(東京大学)"A test of the disparity of the job turnover rate between permanent workers and temporary workers in Japan"

第2日[ 9月14日 ](土)

[セッション2]座長:瀧 敦弘(広島大学)

  • 報告4"How does income distribution affect economic growth?-Evidence from Japanese prefectural data-"

    報告者:大山昌子(大阪大学)
    討論者:川口大司(一橋大学)

  • 報告5「韓国の積極的雇用改善措置制度の導入とその効果および日本へのインプリケーション」

    報告者:金 明中(ニッセイ基礎研究所)
    討論者:上田貴子(早稲田大学)

[セッション3]座長:大湾秀雄(東京大学)

  • 報告6 "Nonprofit/for-profit facility and difference of wage distribution: Evidence from the Japanese elderly care industry"

    報告者:殷  亭(経済産業研究所)
    討論者:横山 泉(一橋大学)

  • 報告7「幼少期の家庭環境、非認知能力が学歴、雇用形態、賃金に与える影響」

    報告者:戸田淳仁(リクルートワークス研究所)
    討論者:中室牧子(慶應義塾大学)

  • 報告8「解雇自由は最適なルールか-賃金の下方硬直性の下での最適な人員整理のための雇用終了の権利の配分-」

    報告者:高原正之(日本労働研究・研修機構)
    討論者:佐々木勝(大阪大学)