講演会・シンポジウム

【会場変更】英文白書発表会『 Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2017-18 』      ※ 申込多数につき会場を変更いたしました

概要

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)は『アジア太平洋と関西』関西経済白書(日本語)を、毎秋に刊行して参りました。その日本語を基に、新たに編集し英訳した『Kansai and the Asia Pacific, Economic Outlook:2017-18』を今年も7月に刊行致します。

今年は今まで以上にアジア太平洋地域について掘り下げ、関西経済をけん引するインバウンド需要などを取り上げ、末尾の図表も充実させております。

発表会では白書の中から、関西経済の展望、関西のインバウンドツーリズム、米国の保護主義の影響、中国深圳のイノベーション、アジア太平洋諸国の経済発展、そして関西とアジア太平洋地域のさらなる経済協力のあり方等のテーマを中心にご説明を差し上げる予定でございます。

尚、本会合は英語のみでの発表とさせていただきます。アジア太平洋諸国・地域と日本、関西との一層の経済交流を願う多くの方々に、是非ご参加いただきたいと思います

使用言語:英語

参加費:無料

定員:150名

申込締切:7月6日(金)

日時 2018年7月9日(月)10:00~12:00 (9:40開場)
会場 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC Room C03-04 (大阪市北区 グランフロント大阪 北館 8階)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所
共催 公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、京都商工会議所、神戸商工会議所
講師 『Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2017-18』英文白書
<概要説明>
本多 佑三 アジア太平洋研究所 研究統括
猪木 武徳 アジア太平洋研究所 研究統括
<各パート説明>
稲田 義久 アジア太平洋研究所 数量経済分析センター センター長
後藤 健太 アジア太平洋研究所 主席研究員
その他 *ご出席者には『Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2017-18』英文白書を謹呈します。

*APIRでは、5月1日より適正冷房(約28℃)の徹底に取り組んでおります。当日は可能な限り適正冷房にふさわしい服装でお越しいただきますようお願い申し上げます。

*申込みの際にご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用させていただきます。