講演会・シンポジウム

ADB・APIR 共催セミナーMacroeconomic Management:転換期にあるアジア・日本経済

概要

世界経済は、米中貿易摩擦問題を抱えながらも、米国及びアジア経済を牽引役として良好に景気拡大を続けております。一方、米国は力強い景気回復を背景に、緩やかではあるものの、着実に金融政策の引締めを行っており、欧州もまたこれに追随しようとしております。金融政策の引締めが経済の良好を反映する一方、いずれは金融政策の引締めを契機とする不景気が到来する可能性も高まっております。それでは、我々は現在起こりつつある変化はどう考えればよいのでしょうか。

本講演会では、9月末に発表予定のADBの四半期報告 Asian Development Outlookの2018年版(ADO2018)に基づき、ADBのチーフエコノミストである澤田康幸先生より、インドや中国をはじめとするアジア太平洋地域の経済状況ならびに今後の見通しについて報告するとともに、転換期にあるアジアと世界経済を題材に先進国の金融政策変化などがアジア諸国の為替レート、資本流出・経済成長などに与える影響について解説を頂きます。またAPIRの本多研究統括からも、主要先進国の金融政策の変化が、金融サイドからマクロ経済に与える影響の事例を交えながら解説し、今後の世界経済の先行きについて会場のみなさまとともに考察を深めたいと思います。多数のご参加をお待ちしております。

定員:60名(定員になり次第締め切ります)

締切:9月25日(火)

日時 2018年9月27日(木)15:00~17:00 (14:30開場)
会場 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル  タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C03 (大阪市北区大深町3-1)
主催 アジア開発銀行(ADB)
アジア太平洋研究所(APIR)
講師 ・報告①「アジア経済見通し2018:Macroeconomic Management:転換期にあるアジア経済の展望」
 澤田 康幸 氏(アジア開発銀行チーフエコノミスト)
・報告②「米国の経済政策と日本経済」
 本多 佑三 氏(APIR研究統括、大阪大学名誉教授、大阪学院大学教授)