過去の開催内容

新年度特別セミナー:阿川尚之氏「憲法から、今後のアメリカを見る」~トランプ大統領が実現できること、そして日本が考えること~

概要

OC

今回の特別セミナーは、トランプ政権が実現できることは何かを、又、東アジア・日本への影響を、 元駐米大使館公使で同志社大学特別客員教授の阿川尚之氏にご講演戴きます。 トランプ大統領が誕生後、1年が過ぎたアメリカですが、多くの公約実現がこれからという状況です。中間選挙を控え、今後、憲法から見て、アメリカ政治がどのような展開を見せるか、そして中国を含む東アジアに及ぼす影響と、日本の対応すべき方向性、又、トランプ後を見る視点で大事なポイントは何かを、解説戴きます。 ご関心のある方々は、是非ご参加戴きます様、宜しくお願い申し上げます。 定員:60名(定員になり次第締め切ります) 締切:4月3日(火) 【担当】アジア太平洋研究所 岡田、西川 TEL06-6485-7692
日時 2018年4月6日(金) 15:00-17:00
会場 グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C01(大阪市北区大深町3番1号)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所
講師 阿川 尚之 氏
同志社大学法学部特別客員教授、慶應義塾大学名誉教授
その他 参加費 会員団体:無料、非会員:5,000円  ※但し、行政機関・大学関係者は無料

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

【急遽開催決定!】特別セミナー:「第二期習近平政権、超大国への道標」(会員無料、非会員5,000円)

概要

OC

近年の世界経済を考える上で、中国経済・政治をめぐる問題をはずすことはできません。なかでも昨年の党大会でも言及された金融分野におけるリスク対応や、深圳のエコシステムに代表されるイノベーションの持続可能性には非常に注目が高まっております。 今回のセミナーでは、中国経済の分析について各方面でご発表されている神戸大学の梶谷先生をお迎えし、中国経済の現況と課題、特にシャドーバンキングやインターネット金融などの金融システムをめぐる課題や中国のイノベーションの持続可能性についてご講演いただき、後半の「鼎談」では稲田センター長、松林主席研究員にも登壇頂き、フロアも巻き込んだ議論を展開いたします。多数のご参加をお待ちしております。 定員:60名(定員になり次第締め切ります) 締切:3月20日(火)
日時 2018年3月22日(木) 15:00~17:00
会場 ナッレジキャピタル コングレコンベンションセンター ルーム7 (グランフロント大阪 北館地下2階、大阪市北区大深町3-1)
主催 一般財団法人 アジア太平洋研究所 (APIR)
講師 「第二期習近平政権、超大国への道標
 ―イノベーションは中国の救世主となり得るか?―」
  神戸大学大学院経済学研究科 梶谷 懐 教授

**梶谷懐氏ご略歴**
神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。経済学博士(神戸大学)。同大経済学部助手、助教授、大学院経済学研究科准教授を経て、2014年より現職。この間、中国人民大学に留学(財政金融学院)。著書:『日本と中国、「脱近代」の誘惑:アジア的なものを再考する』太田出版(2015年)、ほか。
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 藤田 TEL:06-6485-7692

【申込締切】シンポジウム「ICTが創る、まちとコミュニケーション」

概要

OC

 これからの「まち」の発展において、それを支えるICT技術の発展により人と人、人とモノ、モノとモノを繋ぐリアル/バーチャルコミュニケーションがより重要となってきています。このダイバーシティを支える技術について、最先端の研究内容を紹介すると共に、先進取組・事例等を紹介し、来るべき未来/まちを創造します。 是非多数のご出席を賜りたく、お願い申し上げます。

定員:120名(先着順)

締切:3月9日(金)

【本件お問合わせ先】岡田、西川 TEL06-6485-7692

日時 2018年3月14日(水) 14:00 ~ 17:00
会場 グランフロント北館大阪B2Fコングレコンベンションセンタールーム3(大阪市北区大深町3番1号)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)
共催 国立研究開発法人情報通信研究機構
後援 国立大学法人大阪大学
講師 ■挨拶:14:00-14:05
宮原 秀夫 APIR所長

■基調講演:14:05-15:00
「人とまちを繋ぐユニバーサルコミュニケーション技術」
 木俵 豊  情報通信研究機構ユニバーサルコミュニケーション研究所長

■プレゼンテーション&パネルディスカッション:15:05-17:00
<プレゼンテーション>
・「Airbnbのサービス戦略」
 Airbnb Japan株式会社 執行役員 ホームシェアリング事業統括本部 統括本部長 長田 英知
・「社会課題解決に挑戦!」~ICT/IoTによるデータ活用型のまちづくり~
 西日本電信電話株式会社 理事 ビジネス営業本部クラウドソリューション部長 黒田 敏秋  
・「人とまちを繋ぐ、日立の取組と総合情報サービスのご紹介」
 株式会社日立製作所 アーバンソリューションビジネスユニット街づくりソリューション本部部長 山田 敬一

<パネルディスカッション>
(モデレーター)下條 真司 大阪大学サイバーメディアセンター長教授・APIR上席研究員
・木俵 豊 情報通信研究機構ユニバーサルコミュニケーション研究所長
・村田 正幸 APIR副所長・大阪大学大学院情報科学研究科教授/大阪大学経営企画オフィス長
・上記プレゼンテーション登壇者3名
                                              (順不同、敬称略)

【申込締切】講演会「パリ協定の展望と気候関連財務情報開示~企業のリスクとチャンス~」

概要

OC

2015年4月に開催されたG20財務大臣・中央銀行総裁会議は、金融安定理事会(FSB)に対し、気候変動問題について金融セクターがどのように考慮していくべきか、官民の関係者を招集することを要請しました。これを受けて、FSBは同年12月に、元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏を座長とする、気候関連財務ディスクロージャータスクフォース(TCFD)を設立しました。TCFDでは、適切な投資判断を促すための財務情報開示に関する提言を昨年6月に公表しました。

こうした動きは、地球温暖化の影響による経済的損失の懸念に加え、温暖化対策として化石燃料の使用制限や再生可能エネルギーへの転換が進んだ場合に、従来の石炭火力のような化石燃料関連資産の価値が毀損するのではないかという懸念が指摘されるなど、気候変動対策に関して金融リスクが顕在化してきたとの認識が背景にあります。一方で、低炭素経済への移行が、市場の拡大や創出など新たな投資機会をもたらすという認識も背景にあります。

そこで今回は、東京大学の有馬教授より、気候変動交渉に関する国際情勢と今後の展望を解説頂いた後、日本からTCFDに参加された東京海上ホールディングスの長村氏をお招きし、TCFDの提言の内容と今後の展開についてご講演頂き、その後パネルディスカッションを通じて、論点を明確にし、参加者の皆様の理解の深まりの一助とし、企業の取るべき対策について考えていきます。

ご多用の折、誠に恐縮ではございますが、是非多数のご出席を賜りたく、お願い申し上げます。

定員:120名

締切:2月13日(火)

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 岡田、西川 TEL06-6485-7692

 
日時 2018年2月19日(月) 13:30 ~ 16:00
会場 関西経済連合会29階 会議室(大阪市北区中之島6丁目2-27中之島センタービル29階)
主催 アジア太平洋研究所、関西経済連合会
講師 ■講 演
「気候変動交渉に関する国際情勢と今後の展望」(仮題)
 講 師:東京大学公共政策大学院教授/アジア太平洋研究所上席研究員 有馬 純 氏
「気候関連財務情報開示タスクフォース提言との今後の展開」(仮題)
 講 師:東京海上ホールディングス株式会社 事業戦略部部長 兼 CSR 室長  長村 政明 氏
■意見交換
モデレーター 東京大学公共政策大学院教授/アジア太平洋研究所上席研究員   有馬  純 氏
パネリスト 東京海上ホールディングス株式会社 事業戦略部部長 兼 CSR 室長  長村 政明 氏
      関西経済連合会地球環境エネルギー委員会 エネルギー・環境副部会長   泥  俊和 氏 他 
      (株式会社神戸製鋼所 環境防災部 担当部長) 

【申込締切】特別セミナー:元特許庁長官/荒井寿光氏「第4次産業革命時代の知財戦略」(会員無料、非会員5,000円)

概要

OC

AIやデジタルネットワークなどの第4次産業革命に対応すべき新たな知財関連の動向について元特許庁長官の荒井寿光氏にご講演戴きます。 急速なITの発展・展開の下、いわゆる「モノづくり」から「コトづくり」へと変化を遂げつつあります。アメリカや中国は知財戦略に力を入れています。AI、IoT、ビッグデータなどの出現に伴い知財の役割は大きくなっており、企業や大学の知財戦略は改革が必要です。 ご関心のある方々は、是非ご参加戴きます様、宜しくお願い申し上げます。 定員:60名(定員になり次第締め切ります)

締切:1月23日(火)

【担当】アジア太平洋研究所 岡田、西川 TEL06-6485-7692

日時 2018年1月26日(金)15:00~17:00
会場 グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C01(大阪市北区大深町3番1号)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所
後援 独立行政法人工業所有権情報・研修館近畿統括本部
講師 荒井 寿光 氏
知財評論家、元特許庁長官、初代内閣知財戦略事務局長
その他 参加費 会員団体:無料、非会員:5,000円

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。