過去の開催内容

≪会員限定≫オープン研究会「アジアにおける開発金融と金融協力」(8月3日)

概要

OC

今年度のAPIR自主研究プロジェクト「アジアにおける開発金融と金融協力」(リサーチリーダー:岩本武和 京都大学教授)の第2回研究会を会員企業限定のオープン形式で開催します。 アジア太平洋地域の経済を牽引してきた中国では、2008年のリーマンショックを契機に人民元の国際化を巡る取り組みが本格化しましたが、経済の減速を背景に国際資金フローでは資本が流出し、現在は金融引締めを行わざるを得ず、当初の景気回復策も打消すような事態に直面しております。今回の研究会では「虚飾が剥げた〈人民元の国際化〉」をテーマに、リーマンショック後の中国の資金フローに注目し、国際収支、2012年以降のデフレやシャドウバンクの劇的拡大、実体経済と乖離する金融などについて議論いたします。 ゲストスピーカーとして、キヤノングローバル戦略研究所の岡嵜久実子研究主幹をお招きし、新しい知見を加えて頂いた上でご報告いただきます。岡嵜研究主幹は中国経済、中国金融制度がご専門で、前職の日本銀行国際局企画役在職時に、中国人民銀行上海総部に派遣された経歴をお持ちです。 ご参加の皆様より、中国の金融に関する最新動向や研究内容に関するご意見・ご質問を頂戴する場ともさせていただきたいと存じます。会員各位のご参加をお待ちしております。  定員:10名(APIR会員限り、先着順)  締切:7月31日(月)
日時 2017年8月3日(木) 14:00~16:00
会場 アジア太平洋研究所 会議室 (大阪市北区 グランフロント大阪 タワーC 7階)
主催 一般財団法人 アジア太平洋研究所(APIR)
講師 【次第】(モデレーター 岩本武和 リサーチリーダー)
≪報告≫ (90分)
 ①「中国からの資本流出と人民元の国際化~何が起こっているのか?~
   ――リサーチリーダー 岩本 武和 京都大学教授
 ②「人民元安から人民元安定化へ~後退する「資本自由化・変動相場制移行への動き」とその背後にあるもの」
   ――リサーチャー   青木 浩治 甲南大学教授
 ③「中国の過剰債務削減への取り組み~難しいペース配分~」
   ――ゲストスピーカー 岡嵜久実子 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹
≪質疑応答、意見交換≫ (30分)
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 研究推進部 辻 TEL:06-6485-7694

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

≪締め切りました≫英文白書発表会『 Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2016-17 』

概要

OC

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)は、『アジア太平洋と関西』関西経済白書(日本語版)を、毎年秋に刊行して参りました。その日本語版を基に、新たに編集し英訳した『Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2016-17』(英文白書)を今年7月に刊行致します。本書の特徴は、20名以上の研究者がアジア太平洋や関西経済の様々なテーマを定量的に分析し、図表やグラフなども用いて、分かりやすく解説している点です。アジア太平洋諸国の情勢や立場の違いを明らかにし、アジア太平洋諸国と関西経済の相互理解に役立つ書籍となっております。 発表会では関西経済の展望、生産性や賃金などの課題、医療やツーリズムなどの有望産業、そしてアジア太平洋を巡る経済連携や中国などの各国事情、それが関西経済とどのように繋がっていくかについて説明致します。 アジア太平洋諸国・地域と日本、関西との一層の経済交流を願う多くの方々に、是非ご参加いただきたいと思います。 使用言語:英語 参加費:無料 定員:50名 申込締切:7月4日(火)  
日時 2017年7月6日(木)14:00~16:00 (13:30開場)
会場 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC Room C01 (大阪市北区 グランフロント大阪 北館 8階)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所
後援 日本商工会議所
講師 『Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2016-17』英文白書 概要説明
稲田 義久 アジア太平洋研究所 数量経済分析センター センター長
後藤 健太 アジア太平洋研究所 主席研究員
その他 *ご出席者には『Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2016-17』英文白書を謹呈します。

*APIRでは、5月1日より適正冷房(約28℃)の徹底に取り組んでおります。当日は可能な限り適正冷房にふさわしい服装でお越しいただきますようお願い申し上げます。
PDF

≪会員限定≫オープン研究会「アジア太平洋地域におけるFTAとEPAのあり方」

概要

OC

APIRでは、会員企業の皆様への有益な情報提供の場として、随時、自主研究プロジェクト研究会をオープン形式にて開催しております。 今回は2017年度自主研究プロジェクト「アジア太平洋地域におけるFTAとEPAのあり方」(リサーチリーダー:木村福成慶応義塾大学教授)の第1回研究会を開催いたします。 年初に米国トランプ大統領がTPPからの撤退の意志を明確にしました。今後、「ポストTPP」がどのような方向に進むのか、他の選択肢も含めて注意深くその動向を調査・分析する必要があります。また、「ポストTPP」が他の多国間経済連携協定(AEC、RCEPなど)へ与える影響もふまえ、東アジア諸国の経済はどのように変わっていくのか、またそれは日本・関西の企業にどのような変化をもたらすのか、本プロジェクトでは、経済、国際法、国際政治など多方面から分析を加え、さまざまな切り口から検討いたします。 会合では、冒頭、木村リサーチリーダーよりアジア太平洋地域をめぐる最近の情勢についてご報告いただき、引き続きリサーチャーの先生方より課題提起いただきます。APIR会員企業の方に限り、ご参加いただき、最新の動向、また研究内容に関するご質問、ご意見を頂戴する場とさせていただきたく存じます。皆さまのご参加をお待ちしております。 定員:10名(APIR会員限り、先着順) 締切:6月23日(金)
日時 2017年6月27日(火) 11:00~13:00
会場 グランフロント大阪 アジア太平洋研究所 会議室(北館 タワーC 7階) 
主催 一般財団法人 アジア太平洋研究所
講師 次  第 
・挨拶/基調報告 「米トランプ政権と東アジア経済統合:update」
     木村 福成 氏 APIR上席研究員、ERIAチーフエコノミスト、
     慶應義塾大学経済学研究科委員長、経済学部教授
・課題提起①「なぜ自由な貿易・投資を目指すべきなのか:国際貿易論の視点(仮題)」
     阿部 顕三 氏 リサーチャー、大阪大学大学院経済学研究科教授
・課題提起②「東アジア経済統合と安全保障の連関:国際政治学の視点(仮題)」
     湯川  拓 氏 リサーチャー、大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授
・討 議
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 研究推進部 藤田 TEL:06-6485-7692

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

≪締め切りました≫講演会「関西の大学のあり方」~志の高い産学共創を目指して~

概要

OC

研究や教育によりわが国の活力の源泉である「知」と「人材」を生み出し、地域貢献や国際交流にも重要な役割を果たしているのが「大学」です。しかし、少子高齢化によるわが国の財政状況の悪化を受け、研究予算の削減等により大学は危機に瀕しており、論文数の減少など、世界における日本の大学の存在感が後退しています。国際競争が激しくなるなか、この状況を放置すれば、わが国の研究や人材育成の力が弱まり、産業界で活躍する人材の減少、ひいてはわが国の国力低下を招くことになります。 当研究所では関西経済連合会と共同で、様々な大学と企業が集積する関西から解決の方向性を探るべく研究会を設置し、大学人と企業人が直接意見を交わし、課題と目指すべき方向をまとめました。そこで、下記のとおり講演会を開催し、同研究会の座長である大阪大学の小林傳司副学長より、研究成果についてご報告させて頂くことと致しました。 会員の皆様方におかれましては、ご多用中のところと存じますが、ふるってご出席賜りますようお願い申し上げます。人事・採用、社会貢献、大学と企業との共同研究などの担当部署にもご回覧頂ければ幸いです。

定員:100名(APIR会員ならびに関経連会員限り、先着順)

締切:6月12日(月)

なお、当研究所では、5月1日より適正冷房(約28℃)の徹底に取り組んでおります。当日は可能な限り適正冷房にふさわしい服装でお越しいただきますようお願い申し上げます。

 
日時 2017年6月14日(水) 15:30 ~ 17:15
会場 関西経済連合会 会議室(大阪市北区中之島6丁目2-27中之島センタービル29階)
主催 (一財)アジア太平洋研究所、(公社)関西経済連合会
講師 「関西の大学のあり方~志の高い産学共創を目指して~(仮題)」
大阪大学理事・副学長/コミュニケーションデザイン・センター教授 小林傳司氏
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 研究計画部 橘 TEL:06-6485-7693

≪締め切りました≫会員限定講演会「電力システム改革とその課題」

概要

OC

電力システム改革は、安定供給の確保、電気料金の最大限の抑制、および需要家の選択肢や事業者の事業機会の拡大を目的として進められ、政府の審議会においては、昨秋から市場メカニズムを活用した改革の検討に着手し、2月の中間とりまとめを経て、詳細設計の検討に向けて、現在、関係者の意見聴取が行われております。電力市場の整備にあたっては、電力は他の財とは異なる特性を有することを考慮しつつ、3E+Sを、事業者の経済合理的な行動を通じて、より効率的に達成することが重要です。今回は、政府の検討の経緯・とりまとめ内容を分かり易くご説明頂いたうえで、今後の詳細設計の本格的な検討に備え、中長期的な視点での課題についても明確にしたいと考えております

ご多用の折、誠に恐縮ではございますが、是非多数のご出席を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

定員:100名(APIR会員限り、先着順)

締切:5月18日(木)

※当日、会場からの質問もお受けする予定ですが、事前にお聞きしたいことが明確な場合は、申込フォームコメント欄に記載ください。当日の意見交換の中で、可能な限り、取り上げてまいります。

※当研究所では節電、省エネルギー推進のため、適正冷房(28度)に取組んでおります。ご出席の際には適正冷房にふさわしい服装(ノー上着、ノーネクタイ等)でお越し下さいますようお願い申し上げます。

 【本件お問合わせ先】関西経済連合会経済調査部 中島みき TEL:06-6441-0102

日時 2017年5月26日(金) 13:00 ~ 14:20
会場 関西経済連合会29階 会議室(大阪市北区中之島6丁目2-27中之島センタービル29階)
主催 (一財)アジア太平洋研究所、(公社)関西経済連合会
講師 テーマ:「電力システム改革とその課題」(仮題)
基調講演(60分程度)
 講 師 経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 電力需給・流通政策室長 曳野 潔 氏
質疑応答(20分程度)
   モデレーター 東京大学公共政策大学院教授/アジア太平洋研究所上席研究員 有馬  純 氏