過去の開催内容

【会場変更】英文白書発表会『 Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2017-18 』      ※ 申込多数につき会場を変更いたしました

概要

OC

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)は『アジア太平洋と関西』関西経済白書(日本語)を、毎秋に刊行して参りました。その日本語を基に、新たに編集し英訳した『Kansai and the Asia Pacific, Economic Outlook:2017-18』を今年も7月に刊行致します。 今年は今まで以上にアジア太平洋地域について掘り下げ、関西経済をけん引するインバウンド需要などを取り上げ、末尾の図表も充実させております。 発表会では白書の中から、関西経済の展望、関西のインバウンドツーリズム、米国の保護主義の影響、中国深圳のイノベーション、アジア太平洋諸国の経済発展、そして関西とアジア太平洋地域のさらなる経済協力のあり方等のテーマを中心にご説明を差し上げる予定でございます。 尚、本会合は英語のみでの発表とさせていただきます。アジア太平洋諸国・地域と日本、関西との一層の経済交流を願う多くの方々に、是非ご参加いただきたいと思います 使用言語:英語 参加費:無料 定員:150名 申込締切:7月6日(金)
日時 2018年7月9日(月)10:00~12:00 (9:40開場)
会場 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC Room C03-04 (大阪市北区 グランフロント大阪 北館 8階)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所
共催 公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、京都商工会議所、神戸商工会議所
講師 『Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2017-18』英文白書
<概要説明>
本多 佑三 アジア太平洋研究所 研究統括
猪木 武徳 アジア太平洋研究所 研究統括
<各パート説明>
稲田 義久 アジア太平洋研究所 数量経済分析センター センター長
後藤 健太 アジア太平洋研究所 主席研究員
その他 *ご出席者には『Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2017-18』英文白書を謹呈します。

*APIRでは、5月1日より適正冷房(約28℃)の徹底に取り組んでおります。当日は可能な限り適正冷房にふさわしい服装でお越しいただきますようお願い申し上げます。

*申込みの際にご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用させていただきます。

【申込締切】講演会「2050年に向けたエネルギー政策について」

概要

OC

先日、経済産業省の審議会「総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会」において、わが国の中長期的なエネルギー政策の方向性を示す第5次エネルギー基本計画案が示されました。案では、2030年のエネルギーミックスの数字は見直さないとしつつ、太陽光や風力など再生可能エネルギーの導入を加速して「主力電源化」することや、2050年の長期視点でのエネルギー政策のあり方を検討する「エネルギー情勢懇談会」で議論された長期的な視点も盛り込むことが検討されています。

そこで、今回は、上記「基本政策分科会」および「エネルギー情勢懇談会」の検討を進められてきた、資源エネルギー政策統括調整官の小澤典明氏をお招きし、これまでの議論の経緯や「エネルギー基本計画」改定案のポイント等を解説頂くと共に、2050年の長期視点でのエネルギー・環境政策の議論を今後深めるにあたっての問題意識等をご講演いただきます。

ご多用の折、誠に恐縮ではございますが、是非多数のご出席を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

定員:120名

締切:6月8日(金)

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 吉道、西川 TEL06-6485-7692

日時 2018年6月15日(金) 13:30 ~ 16:00
会場 関西経済連合会29階 会議室(大阪市北区中之島6丁目2-27中之島センタービル29階)
主催 アジア太平洋研究所、関西経済連合会
講師 ■講  演(60分程度)
「2050年に向けたエネルギー政策について」
 講 師:資源エネルギー庁 資源エネルギー政策統括調整官          小澤 典明 氏

■意見交換(60分程度)
モデレーター 東京大学公共政策大学院教授/アジア太平洋研究所上席研究員   有馬  純 氏
パネリスト 資源エネルギー庁 資源エネルギー政策統括調整官 小澤 典明 氏
      関西経済連合会地球環境エネルギー委員会 エネルギー・環境部会長 安田 俊彦 氏
      (日立造船㈱ 執行役員 機械事業本部 産業装置ビジネスユニット長)
その他 *ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

新年度特別セミナー:阿川尚之氏「憲法から、今後のアメリカを見る」~トランプ大統領が実現できること、そして日本が考えること~

概要

OC

今回の特別セミナーは、トランプ政権が実現できることは何かを、又、東アジア・日本への影響を、 元駐米大使館公使で同志社大学特別客員教授の阿川尚之氏にご講演戴きます。 トランプ大統領が誕生後、1年が過ぎたアメリカですが、多くの公約実現がこれからという状況です。中間選挙を控え、今後、憲法から見て、アメリカ政治がどのような展開を見せるか、そして中国を含む東アジアに及ぼす影響と、日本の対応すべき方向性、又、トランプ後を見る視点で大事なポイントは何かを、解説戴きます。 ご関心のある方々は、是非ご参加戴きます様、宜しくお願い申し上げます。 定員:60名(定員になり次第締め切ります) 締切:4月3日(火) 【担当】アジア太平洋研究所 岡田、西川 TEL06-6485-7692
日時 2018年4月6日(金) 15:00-17:00
会場 グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C01(大阪市北区大深町3番1号)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所
講師 阿川 尚之 氏
同志社大学法学部特別客員教授、慶應義塾大学名誉教授
その他 参加費 会員団体:無料、非会員:5,000円  ※但し、行政機関・大学関係者は無料

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

【急遽開催決定!】特別セミナー:「第二期習近平政権、超大国への道標」(会員無料、非会員5,000円)

概要

OC

近年の世界経済を考える上で、中国経済・政治をめぐる問題をはずすことはできません。なかでも昨年の党大会でも言及された金融分野におけるリスク対応や、深圳のエコシステムに代表されるイノベーションの持続可能性には非常に注目が高まっております。 今回のセミナーでは、中国経済の分析について各方面でご発表されている神戸大学の梶谷先生をお迎えし、中国経済の現況と課題、特にシャドーバンキングやインターネット金融などの金融システムをめぐる課題や中国のイノベーションの持続可能性についてご講演いただき、後半の「鼎談」では稲田センター長、松林主席研究員にも登壇頂き、フロアも巻き込んだ議論を展開いたします。多数のご参加をお待ちしております。 定員:60名(定員になり次第締め切ります) 締切:3月20日(火)
日時 2018年3月22日(木) 15:00~17:00
会場 ナッレジキャピタル コングレコンベンションセンター ルーム7 (グランフロント大阪 北館地下2階、大阪市北区大深町3-1)
主催 一般財団法人 アジア太平洋研究所 (APIR)
講師 「第二期習近平政権、超大国への道標
 ―イノベーションは中国の救世主となり得るか?―」
  神戸大学大学院経済学研究科 梶谷 懐 教授

**梶谷懐氏ご略歴**
神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。経済学博士(神戸大学)。同大経済学部助手、助教授、大学院経済学研究科准教授を経て、2014年より現職。この間、中国人民大学に留学(財政金融学院)。著書:『日本と中国、「脱近代」の誘惑:アジア的なものを再考する』太田出版(2015年)、ほか。
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 藤田 TEL:06-6485-7692

【申込締切】シンポジウム「ICTが創る、まちとコミュニケーション」

概要

OC

 これからの「まち」の発展において、それを支えるICT技術の発展により人と人、人とモノ、モノとモノを繋ぐリアル/バーチャルコミュニケーションがより重要となってきています。このダイバーシティを支える技術について、最先端の研究内容を紹介すると共に、先進取組・事例等を紹介し、来るべき未来/まちを創造します。 是非多数のご出席を賜りたく、お願い申し上げます。

定員:120名(先着順)

締切:3月9日(金)

【本件お問合わせ先】岡田、西川 TEL06-6485-7692

日時 2018年3月14日(水) 14:00 ~ 17:00
会場 グランフロント北館大阪B2Fコングレコンベンションセンタールーム3(大阪市北区大深町3番1号)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)
共催 国立研究開発法人情報通信研究機構
後援 国立大学法人大阪大学
講師 ■挨拶:14:00-14:05
宮原 秀夫 APIR所長

■基調講演:14:05-15:00
「人とまちを繋ぐユニバーサルコミュニケーション技術」
 木俵 豊  情報通信研究機構ユニバーサルコミュニケーション研究所長

■プレゼンテーション&パネルディスカッション:15:05-17:00
<プレゼンテーション>
・「Airbnbのサービス戦略」
 Airbnb Japan株式会社 執行役員 ホームシェアリング事業統括本部 統括本部長 長田 英知
・「社会課題解決に挑戦!」~ICT/IoTによるデータ活用型のまちづくり~
 西日本電信電話株式会社 理事 ビジネス営業本部クラウドソリューション部長 黒田 敏秋  
・「人とまちを繋ぐ、日立の取組と総合情報サービスのご紹介」
 株式会社日立製作所 アーバンソリューションビジネスユニット街づくりソリューション本部部長 山田 敬一

<パネルディスカッション>
(モデレーター)下條 真司 大阪大学サイバーメディアセンター長教授・APIR上席研究員
・木俵 豊 情報通信研究機構ユニバーサルコミュニケーション研究所長
・村田 正幸 APIR副所長・大阪大学大学院情報科学研究科教授/大阪大学経営企画オフィス長
・上記プレゼンテーション登壇者3名
                                              (順不同、敬称略)