2014年度の文献一覧(157件)

澤 昭裕
研究プロジェクト

エネルギーインフラ研究会

[ 2014年度/その他の調査研究 ] AUTHOR澤 昭裕 / 山本 隆三 DATE2014-04-30

Abstract/Keywords

リサーチリーダー

アジア太平洋研究所 副所長 澤 昭裕 常葉大学 教授       山本 隆三  

研究目的

東日本大震災は多くの教訓を残したが、その一つは防災に強い国土建設の必要性であった。特に、電気、ガス、石油のエネルギー関係のインフラを強靭にすることと、同時に他地域での震災に備えバックアップ機能を持たせることの重要性は広く認識された。関西地区での、エネルギーインフラの防災機能の現状を調査し、強靭化する方策を検討する。  

研究内容

1.関西地区のエネルギーインフラの現状能力を把握する。具体的には次の点を調査する。 ・供給能力(製造設備、供給設備の能力) ・製造、供給設備の配置 ・海外からの燃料受け入れ ・関西以外の地域との連携状況   2.阪神大震災、東日本大震災の経験を踏まえて、南海トラフ地震に備え、工学的な見地からの設備の具体的な強靭化策と、政策面の検討を行う。  

リサーチャー

能島暢呂 岐阜大学工学部社会基盤工学科教授 鍬田泰子 神戸大学大学院工学研究科准教授 橋爪吉博 石油連盟総務部  

オブザーバー

大阪ガス 関西電力

 

期待される成果と社会還元のイメージ

エネルギーインフラ強靭化の提言を示し、官公庁、企業関係者及び研究者を対象に広く発信する。
James Brady
研究プロジェクト

Japanese agriculture: towards a sustainable, trade-oriented future

[ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ] AUTHORJames Brady DATE2014-12-09

Abstract/Keywords

RESEARCH LEADER:

James Brady,  Research Fellow,  APIR  

研究目的

Japanese agriculture: Pathways to a sustainable, trade-oriented future (日本における持続可能な貿易志向型農業の展望)   研究内容 This research examines Japanese agriculture and its potential for achieving an enhanced role in international trade in the Asia-Pacific region in the coming decades. A fundamental reorientation of the sector is more urgent than ever, since a shrinking home market, an expanding regional market and a worsening domestic fiscal outlook imply that Japan’s farming sector should become more export-oriented if it is to become sustainable. Inherent features like quality, taste, and safety mean that Japan’s food products could increase their share of the high-value segment of the growing international food market. Two research stages were completed in fiscal 2014: (1) preliminary investigations into current trends and recent innovations in the agriculture sector and (2) an online survey of policy preference determinants. In fiscal 2015, the stages of the research will be organised as follows: (3) agriculture as an export sector—lessons from Europe; (4) agriculture as an import sector—lessons from Japanese manufacturing companies; (5) creating pathways to a trade-oriented future.  

期待される成果と社会還元のイメージ

It is expected that this research will provide useful data about current trends in agriculture and relevant comparative information regarding exports and imports from the cases of the EU policy reforms and MNC production networks. It will also produce nuanced policy recommendations for achieving a more prosperous and sustainable agricultural sector. Corporations and those engaged in farming will find the report useful both for better understanding the current situation in Japanese agriculture and for understanding the most promising growth areas for the future, including through case studies. Economic bodies will find it useful for its neutral analysis of consumer attitudes, and indications of potential and pathways for future growth.    
林 敏彦
インサイト

APIR Commentary No. 40 <地方創生と地域経済格差>

[ コメンタリー ] AUTHOR林 敏彦 DATE2015-03-23

PDF_direct

稲田 義久
経済予測

Kansai Economic Insight Monthly Vol.23

[ Monthly Report(関西) ] AUTHOR稲田 義久 / 岡野 光洋 / 林 万平 / 木下 祐輔 DATE2015-03-20

PDF_direct

Abstract/Keywords

関西経済,月次

<要 旨> 1月の鉱工業生産指数は前月比+5.8%と2カ月連続の上昇。生産の基調は緩やかな回復である。 2月関西の貿易は、輸出は24カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに同増加。結果、貿易収支は2カ月連続の赤字となり、赤字幅は同870億円悪化した。 2月の消費者態度指数は3カ月連続の前月比改善。同月の景気ウォッチャー現状判断DIも3カ月連続の改善。春節もあり訪日外国人消費が改善に寄与。消費者心理に改善の動きがみられる。 11月(関西2府4県)、12月(関西コア)の現金給与総額の伸びは前月から加速。賃金は上昇基調が続いている。 1月の大型小売店販売は7カ月連続の前年比プラスで小幅改善を続けているものの、百貨店では前年増税前の駆け込み需要の影響がみられ、減少に転じた。 1月の新設住宅着工戸数は5カ月連続の前年比大幅減。持家と貸家、分譲が全て減少した。 1月の有効求人倍率は横ばい。2カ月続いた改善傾向が一服したが、インバウンド需要への対応から卸売・小売業や宿泊業で新規求人が増加。失業率は上昇したが非労働力人口減少と就業者数増加がみられる。 2月の公共工事請負金額は前年比-18.3%と4カ月連続の大幅減。公共工事受注は引き続き減速している。 1月の建設工事は前年比+1.4%と33カ月連続の増加も、伸びは10カ月連続で1桁となった。建設工事の伸びは停滞している。 関空への訪日外客数は大幅な伸びが持続している。2015年1月には、訪日外客数が287,120人(前年比+34.0%)と、24カ月連続で増加。一方、出国日本人は239,090人(同-6.2%)と、13カ月連続の低下となった。 2月の中国の製造業購買担当者景況指数は、2カ月ぶりに前月から改善したが、2カ月連続で50を下回っている。
木下 祐輔
インサイト

関西の実質賃金上昇は2015年度から

[ トレンドウォッチ ] AUTHOR木下 祐輔 DATE2015-03-20

PDF_direct

Abstract/Keywords

関西実質賃金,中小企業賃金,原油価格下落

APIRが行った最新の経済予測(Kansai Economic Insight Quarterly No.25)によると、2014年度の関西経済の実質GRP(域内総生産)成長率は-0.4%となる見込みである。2014年度は消費増税による物価上昇が実質所得低下を通じて個人消費を低迷させ、大きな成長抑制要因となった。個人消費増加のためには実質賃金が上昇することが必要であるが、果たして今後実質賃金は上昇していくのか。企業収益の好転、人手不足による賃金上昇圧力、非正規雇用者の賃金増加、消費増税の影響剥落、原油価格の大幅下落という5つの点を考えると、関西の実質賃金は2015年度に入って上昇する。
大野 泉
インサイト

ドイツにみる中小企業の海外展開支援

[ トレンドウォッチ ] AUTHOR大野 泉 DATE2015-03-16

PDF_direct