2014年度の文献一覧(157件)

熊坂 侑三
経済予測

米国経済(月次)予測(2015年1月)<ハト派に傾く2015年のFOMCメンバー>

[ Monthly Report(米国) ] AUTHOR熊坂 侑三 DATE2015-02-02

PDF_direct

Abstract/Keywords

米国経済,月次

熊坂 侑三
経済予測

米国経済(週次)予測(2015年1月23日)<2014Q4GDP(速報値)の最終CQM予測>

[ Weekly Report(米国) ] AUTHOR熊坂 侑三 DATE2015-01-26

PDF_direct

Abstract/Keywords

米国経済,週次

稲田 義久
経済予測

関西経済月次分析(2014年12月-2015年1月)

[ Monthly Report(関西) ] AUTHOR稲田 義久 / 岡野 光洋 / 林 万平 / 木下 祐輔 / James Brady DATE2015-01-23

PDF_direct

Abstract/Keywords

関西経済,月次

<要  旨> 11月の鉱工業生産指数は前月比-4.6%と3カ月ぶりの下落。在庫は高水準であり、今後生産調整が行われる可能性がある。加えて海外需要が停滞すれば、生産に対する影響は大きい。 11月関西の貿易は、輸出は21カ月連続で増加した。輸入は3カ月ぶりに減少した。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から改善。 12月の景気ウォッチャー現状判断DIは3カ月ぶりの改善。先行き判断DIは6カ月ぶりの改善。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりに前月比改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。 10月の現金給与総額は関西コアで8カ月連続の前年比プラスとなり、特に生活関連サービスを中心に伸びは前月から加速。 11月の大型小売店販売額は5カ月連続の前月比プラス。百貨店も5カ月連続のプラス。スーパーは4カ月連続のプラス。消費は増税後緩やかながら改善を続けている。 11月の新設住宅着工戸数は前年月-12.5%と2桁減が3カ月続いた。うち持家が同-33.2%と減少に寄与。 11月の有効求人倍率は2カ月連続で改善し高水準を維持。足下雇用情勢は堅調が続いている。失業率は2カ月連続の改善だが、非労働力人口増加が要因とみられる。 12月の公共工事請負金額は前年比-10.4%と2カ月連続の2桁減。公共工事受注は減速感が強まっている。 11月の建設工事は前年比+3.2%と31カ月連続の増加も、伸びは8カ月連続で1桁となった。全国的に伸びは停滞している。 関西空港へ入国する訪日外客数の歴史的高水準が持続している。11月の訪日外客数は302,230人(前年比+46.6%)と22カ月連続で増加。 10-12月期の中国実質GDP成長率は前年同期比+7.3%となり、前期と横ばい。8%を下回る成長率が11期続いている。2014年通年の成長率は前年比+7.4%となった。
熊坂 侑三
インサイト

APIR Commentary No.36<CQM予測(1月2日)は連銀の迅速な政策金利の引き上げを示唆>

[ コメンタリー ] AUTHOR熊坂 侑三 DATE2015-01-09

PDF_direct

Abstract/Keywords

CQM予測