2015年度の文献一覧(115件)

金 賢九
インサイト

日中韓三国協力国際フォーラム2015 参加報告

[ トレンドウォッチ ] AUTHOR金 賢九 DATE2015-04-13

PDF_direct

Abstract/Keywords

三国協力国際フォーラム,安全保障,教育交流,日中韓FTA

2015年は第2次世界大戦の終戦後70年、日韓国交正常化が行われて50年、日中国交正常化が行われて43年となる日中韓3か国にとって節目の年である。こうした中で、日中韓をめぐる北東アジアの国際関係は北朝鮮及び米国、ロシアを含め、これまで以上に複雑な様相を見せている。このような状況の中、4月3日に東京で日中韓三国協力国際フォーラムが開催された。昨年は韓国のソウルで行われたこのフォーラムが今回日本で初めて開催されるということで、これを記念するため日中韓の三国やそれ以外にも様々な国の要人が参加した。本稿では、フォーラムで行われた議論の概要について紹介し、若干の課題について述べる。
森 剛志
インサイト

シンガポールに見る新しい空港の形 ~オリンピックブームと観光戦略~

[ トレンドウォッチ ] AUTHOR森 剛志 / 津崎 章裕 DATE2015-04-03

PDF_direct

Abstract/Keywords

2020年に開催される東京オリンピックに当たって、海外からの外国人旅行者の呼び込みにも注目されるが、その際、重要となるのが空路、すなわち空港である。日本は島国であるため、海外からの需要を呼び込むためには航空ネットワークの整備が必要不可欠である。現在日本国内において、空港法によって定められている国際空港は成田国際空港、東京国際空港、中部国際空港、関西国際空港、大阪国際空港の5つである。この内、大阪国際空港は関西国際空港が開港されたことにより、国際航空路線が全廃されたため、実質的には残りの4つの空港が日本における国際空港として機能している。インバウンド需要を考える上でアジア圏からの旅行者の割合は非常に高く切り離せない存在になっているため、アジア圏のハブ空港としてのポジションを獲得できるかどうかは重要な問題である。本稿ではアクセス面に於いてアジア圏と近く、また国際線の便数も1000万人規模となっている関西国際空港と東アジアの空港の代表としてシンガポール・チャンギ国際空港との異なる点について言及する。
林 敏彦
インサイト

APIR Commentary No. 41 <東京圏が作り出す地域経済格差>

[ コメンタリー ] AUTHOR林 敏彦 DATE2015-04-02

PDF_direct

Abstract/Keywords

格差, 一極集中, ジニ係数, 東京圏