経済予測:Monthly Report(日本)

日本と米国の景気の現況と先行きについて、週間・月間ごとに予測します。特に日本と関西については、四半期ごとに景気分析と予測を行っています。

稲田 義久

経済予測

日本経済(月次)予測(2014年9月)<インフレ率に一服感が見られる>

[ Monthly Report(日本) ] AUTHOR稲田 義久 DATE2014-09-29

PDF_direct

Abstract/Keywords

日本経済,月次

稲田 義久

経済予測

関西経済月次分析(2014年3月-4月)

[ Monthly Report(日本) ] AUTHOR稲田 義久 / 岡野 光洋 / 林 万平 / 木下 祐輔 DATE2014-04-22

PDF_direct

Abstract/Keywords

関西経済,月次

稲田 義久

経済予測

日本経済(月次)予測(2013年12月)<10-12月期、消費者物価上昇の裾野広がる>

[ Monthly Report(日本) ] AUTHOR稲田 義久 DATE2014-01-06

PDF_direct

Abstract/Keywords

日本経済, 月次予測

稲田 義久

経済予測

日本経済(月次)予測(2013年6月)<It’s the economy, stupid:参院選の見方と論点>

[ Monthly Report(日本) ] AUTHOR稲田 義久 DATE2013-07-01

PDF_direct

Abstract/Keywords

日本経済,月次予測

稲田 義久

経済予測

日本経済(月次)予測(2013年3月)<日本企業はChina plus oneに向けて本格的な舵を切ったか?>

[ Monthly Report(日本) ] AUTHOR稲田 義久 DATE2013-04

PDF_direct

Abstract/Keywords

日本経済,月次予測

▶この1ヵ月の予測動向の特徴は、2月後半から両モデルの予測値は3%を超える上昇トレンドを示したが、3月後半には純輸出の予測が反転縮小したことから2%台前半に低下したことだ。今後を占ううえで、純輸出の動向が重要になってくる。 ▶2月の貿易統計で注目すべきポイントは、対ASEAN輸出が対中輸出を久方ぶりに上回ったことである。 ▶中国がWTOに加盟し国際市場にリンクされるに至り、急速にそのシェアを拡大し2005年半ばにはASEANを抜いた。しかし、その後拡大傾向にあった対中輸出シェアは昨年9月以降、日中関係の悪化により急速に低下したためである。