報告書『大阪再生の研究?大阪都市圏の空間構造分析?』

2012-05

国と地方の制度設計研究会(主査:関西学院大学経済学部教授 林宜嗣氏)の報告書を掲載しました。
グローバル化時代における地域の競争力を高めるためには、従来型の地域発展政策ではなく、地域に内在するポテンシャルを活用し累積的に発展を遂げる内発型 発展に転換することが必要です。本報告書では、古くから発展し日本の経済を支えてきた大都市の政策課題として生活保護問題をとりあげ、都市力向上の視点か ら検証するとともに、重要な戦略である再開発のインパクトに関する検証を行いました。そして都市再生戦略の行方を探る指標として地価をとりあげ、地価が下 落局面にある大阪の都市圏において地価が上昇する空間構造戦略の必要性を指摘しています。

著者

関連論文

林 宜嗣
研究プロジェクト

報告書『地方公営企業及び自治体の技術効率性?非裁量要因を考慮したDEAに基づく評価?』

[ 2012年度/その他の調査研究 ] AUTHOR林 宜嗣 DATE2012-05

PDF_direct

Abstract/Keywords

地方公営企業

自治体生産性研究会(主査:関西学院大学経済学部教授 林宜嗣氏)の報告書を掲載しました。 地方公営企業の財政の健全さを示す指標として、経営収支以上に重要と考えられるサービス供給の技術的効率性をとりあげています。最少の経費で質の良いサー ビスを提供し、財政をはじめとした経営基盤を固め安定的なサービスを供給し続けるために、能率的かつ合理的な経営を行うことが必要です。本報告書では、上 水道事業、自治体病院、下水道事業を取り上げ、企業の経営効率分析の手法であるDEA(Data Envelopment Analysis)の手法を用いて経営の効率性を検証しました。また、都市自治体(市)の行政全般についても、人口規模や地理的条件といった公営企業や自 治体の裁量が及ばない要因を考慮したうえで技術的効率性を評価し検証しています。
林 宜嗣
研究プロジェクト

産業活力を強化するための空間構造戦略

[ 2012年度/地域発展戦略 ] AUTHOR林 宜嗣 DATE2012-04

Abstract/Keywords

集積の経済、生産の技術的効率性、包絡分析法、産業政策

リサーチリーダー 林 宜嗣 関西学院大学教授 研究成果概要 「東京を成長エンジンに」という発想はわが国産業の高コスト体質を温存するばかりか、地方経済のさらなる衰退を招く。本研究は、生産関数の推計と包絡分析法という2つのアプローチを用いることによって、インプットをアウトプットに変換する「生産の技術的効率性」に地域間格差が見られ、それが経済に大きく影響していること、その背後に「集積の経済」の差が存在することを明らかにした。今後、労働力の大幅な減少が予想される地方においては、「集積の経済」を最大限に高め、産業活力を強化することが不可欠である。そのためにも、国は成長戦略を「地域再生戦略」に転換し、地方分権改革に活かす必要がある。同時に、地方自治体は集積の経済を高めるためにも、現在の行政区域にとらわれない産業立地の空間構造戦略を立てなければならない。詳細はこちら 研究目的 地域産業の活性化に極めて重要な要因である「集積の利益」をとりあげ、①産業立地の空間構造と地域経済力の関係を検証し、②生産性を強化するための空間構造を導出した上で、③空間構造戦略の在り方について提言する。 研究内容 ○わが国の産業立地に関する多角的データ分析 ○海外文献研究から日本の地域実態にあった実証モデルの構築 ○政策シミュレーションの実施 ○各国の空間構造戦略に関する文献研究 ○国内外の空間戦略に関する現地調査の実施 メンバー 鈴木健司 (日本福祉大学) 林 亮輔 (鹿児島大学) 斎藤成人 (日本政策投資銀行) 期待される研究成果 ・地域経済の現状と課題、地域産業の活性化に必要な基本条件の明確化 ・国・自治体の産業活性化戦略に関する有用な情報提供 ・専門ジャーナル、新聞、雑誌等への論文発表、研究所アウトリーチ活動への参加等 研究成果 8月3日に第2回研究会を開催しました。 5月11日に第1回研究会を開催しました。