アベノミクスの第2学期通知表

2013-08-13

関連論文

林 敏彦
ディスカッションペーパー

Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime

[ ディスカッションペーパー ] AUTHOR林 敏彦 DATE2016-09-13

PDF_direct

Abstract/Keywords

population elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern regime, demographic transformation

This paper introduces a simple macroeconomic time series model incorporating a key concept of  GDP elasticity with respect to population (population elasticity). Using this model, we conducted empirical analyses of 158 countries each covering 25 to 180 years of history. As a result, we found first that the estimated population elasticity demarcated the countries according to regime, showing clearly whether a country was in the ‘Malthusian regime’, in the ‘modern growth regime’ or in the ‘postmodern regime’. We found that the poorest countries as well as some oil-rich countries were in the Malthusian regime. The modern growth regime prevailed in most European, Asian and American countries in the 20th century. We then predicted long-term real GDP for each country while they stayed in modern growth regimes. Third, we observed that both Germany and Japan went into a postmodern regime after a demographic transformation. Focusing on Japan, we argued that if the nation remained in the modern growth regime, it would face a precipitous decline in GDP. We suggested that Japan must reduce dependence on population as a source of growth in the postmodern era. This lesson might be important for the two thirds of countries in the world that are expected to enter a postmodern regime around the middle of this century.
林 敏彦
研究プロジェクト

ツーリズム先進地域・関西をめざして

[ 2016年度/人口減少下における関西の成長戦略 ] AUTHOR林 敏彦 / 稲田 義久 DATE

Abstract/Keywords

研究の目的

ツーリズム先進諸国との比較・分析を踏まえ、観光資源豊富な関西地域にとってツーリズムが重要な成長分野であることを ”産業”、”雇用機会”、”文化発信”等の各視点から客観的に捉えると共に、今後基幹産業として育成していく上での様々な課題をハード・ソフト両面から総合的に検討・把握した上で、関西がツーリズム先進地域として今後さらに飛躍していくための長期的な観光投資戦略のあり方に関する提言をめざす。
林 敏彦
研究プロジェクト

世界経済超長期予測 2016年版

[ 2016年度/経済予測・分析、シミュレーション ] AUTHOR林 敏彦 DATE

Abstract/Keywords

世界超長期予測,人口とGDP,ビジネスパートナーとしての日本企業,のれん価値

リサーチリーダー

研究統括 林 敏彦  

研究目的

2015年度は、国連の人口推計2015年版への改定、および世界銀行各国GDPデータの改定を取り入れ、また、基本モデルを改定して、世界155カ国の実質GDPを2100年まで予測するためのAPIR超長期データベースの大改定を行った(以下、「APIR超長期データベース2015年版」と呼ぶ)。2016年度は、このデータベースをウェブで活用できる形に仕上げると同時に、そのデータを用い、同時に行うアジア進出日系企業に関するネット調査を通じて、マクロとミクロの視点から、日本企業の投資先の選択に指針を示す。 

 

研究内容

APIR超長期データベースに関しては、今年度インターン数名を指導してデータのアップデートと計量経済学的分析を行い、各種レポートを執筆するなど、研究所内での作業が中心となる。

平行して行うウェブ調査では、アジア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 

リサーチャー

島 章弘  APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴  APIR総括調査役 門野尚誉  APIR総括調査役 松川純治  APIR総括調査役  

期待される成果と社会還元のイメージ

APIR超長期データベース2015年版を国際的に認知してもらうことを目的として、英文学会誌に成果論文を発表する。

同データベースを用いた分析と各国経済の超長期見通しを、「アジア太平洋と関西」やコメンタリー、ポリシーブリーフなどのAPIRが発行する媒体を通じて、会員企業および政策担当者向けに提供する。

データベースを通じて得られた分析と、別に行うネット調査の結果を、新聞、雑誌、「共同ウィークリー」などのメディアを通じて、幅広い読者に向けて発信する。

研究の全体を取りまとめた報告書を作成する。
林 敏彦
ディスカッションペーパー

Democracy and Globalization Are not Prerequisites for Higher Income: A Cross Country Analysis

[ ディスカッションペーパー ] AUTHOR林 敏彦 DATE2015-12-22

PDF_direct

Abstract/Keywords

per capita GDP, Democracy, Corruption, Globalization, Human Development

This paper reports results from a cross country econometric analyses over 150 countries pertaining to possible correlation between per capita GDP and democracy, corruption, globalization and human development indices. Our findings include 1) of the four indices, the human development index has the strongest influence on per capita GDP and its growth, 2) fighting corruption pays as higher levels of cleanliness and transparency tend to raise per capita GDP, but less so in lower income economies, 3) the globalization index does not show any significant correlation with per capita GDP, and 4) the democracy index is not significantly correlated with per capita GDP or growth. but in some country it can hinder growth. The moral of our investigation is that economic growth does not automatically lead to better democracy, and higher per capita income does not warrant higher level of democracy. Democracy is not a means to higher income, but rather, it is an independent value in itself. 
林 敏彦
インサイト

APIR Commentary No.53<人口減少国ドイツと日本>

[ コメンタリー ] AUTHOR林 敏彦 DATE2015-11-19

PDF_direct

Abstract/Keywords

人口減少,経済成長,日本,ドイツ

日本の人口減少が始まってしばらく経つ。人口のピークは2009年だった。そこから2100年まで、日本の人口は継続的に減少すると予測されている。しかし、実は、人口減少を経験するのは日本だけではない。 国連が新しく改定した人口推計の2015年版を調べてみると、人口が21世紀中のどこかで最大値を記録し、2100年にかけて減少していく国の数は155カ国。データに収録されている231カ国のうち、実に67%に当たる。世界の総人口は2100年まで増加を続けるが、ヨーロッパやアジアの高所得国から上位中所得国では人口減少こそが常態となる。