研究者紹介

明坂 弥香 プロフィール写真

明坂 弥香

  • 労働経済学、行動経済学、応用計量経済学

学歴

関西学院大学 経済学部(3年早期)修了
大阪大学大学院 経済学研究科 博士前期課程 修了
大阪大学大学院 経済学研究科 博士後期課程 在学中

職歴

2016年 5月~現在   
大阪大学 社会経済研究所 特任研究員

2015年 8月~2015年 9月
IMFアジア太平洋事務局 エコノミスト・インターン

主な著作物

大竹文雄、明坂弥香、齊藤誠 「東日本大震災が日本人の経済的選好に与えた影響」、齊藤誠(編)『震災と経済』、東洋経済新報社、第8章、247-280頁、2015

主な論文

1. Sasaki, Shusaku, Mika Akesaka, Hirofumi Kurokawa and Fumio Ohtake, “Positive and Negative Effects of Social Status onLongevity: Evidence from Two Literary Prizes in Japan,” Osaka University ISER Discussion Paper. No.968, 2016
2. 明坂弥香・三好向洋 「事業所内・事業所間賃金格差の変遷 日本の事業所―労働者結合データによる考察」, Osaka University ISER Discussion Paper. No.985, 2016

所属学会

日本経済学会