研究者紹介

松林 洋一 プロフィール写真

松林 洋一

  • 神戸大学教授
  • 国際マクロ経済学・計量経済学

学歴

神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程中退(1991)
経済学博士(神戸大学)

職歴

神戸大学経済学部助手 (1991-1994)
和歌山大学経済学部講師 (1994-1996)
和歌山大学経済学部助教授 (1996-2003)
神戸大学大学院経済学研究科助教授 (2003-2005)
神戸大学大学院経済学研究科教授 (2005-現在)
ハーバード大学経済学部客員研究員 (2010-2011)
ブリューゲル研究所客員研究員 (2013-2014)
財務省財務総合政策研究所上席客員研究員 (2013-現在)
日本銀行金融研究所Visitor (2016年9月-現在)

主な著作物

『対外不均衡とマクロ経済:理論と実証』(2010)東洋経済新報社。

主な論文

“Capital Accumulation, Vintage and Productivity: The Japanese Experience,” Singapore Economic Review (2016) forthcoming.

“Exchange Rate, Expected Profit, and capital Stock Adjustment: Japanese Experience,” Japanese Economic Review (2011),Vol.62(2),

その他

日本銀行調査統計局講師(1998-2014)
財務省国際局委託研究員(2000-2001)
財務省財務総合政策研究所「国際的な資金フローに関する研究会」委員(2009)
内閣府経済社会総合研究所世界経済研究会委員(2012-2013)
内閣府経済社会総合研究所国際共同研究プロジェクト委員(2015-2016)

論文一覧

井田 大輔

ディスカッションペーパー

地域DSGEモデルの応用可能性:家計の異質性を考慮して

[ ディスカッションペーパー ] AUTHOR井田 大輔 / 松林 洋一 DATE2015-02-01

PDF_direct

Abstract/Keywords

DSGEモデル, 関西経済, 住宅投資, 視野の有限性

本稿の目的は、Okano et al. (2015)の地域版の動学的一般均衡(DSGE)モデルにGali et al. (2007)の流動性制約家計を考慮することで地域DSGEの応用可能性を探ることである。本稿の分析からは以下のことが確認された。まず、政府支出の増大は実質金利の上昇を通じて非耐久財投資を減少させるが(クラウディング・アウト効果)、一方で、政府支出増の耐久財投資増加の効果によって耐久財需要が増大する。総需要はこの両者の相対関係で決定されるが、ベンチマーク経済では、政府支出増の耐久財投資増の効果がクラウディング・アウト効果を上回るので、政府支出は総需要の拡大を促す。流動性制約家計の導入に加え、Blanchard (1985)の「視野の有限性」を考慮すると、関西と関東の住宅投資の違いを上手く説明することができた。よって、関西と関東の住宅投資の違いをみるには、流動性家計の存在に加えて、視野の有限性を考慮することが必要であることが示唆された。
岡野 光洋

ディスカッションペーパー

Development of a Regional DSGE Model in Japan: Empirical Evidence of Economic Stagnation in the Kansai Economy

[ ディスカッションペーパー ] AUTHOR岡野 光洋 / 井田 大輔 / 北野 重人 / 松林 洋一 DATE2015-04-13

PDF_direct

Abstract/Keywords

Kansai economy, Area DSGE, productivity, residential investment

Using a dynamic stochastic general equilibrium model, this study empirically examines Japan’s Kansai Region to ascertain causes of its long-run economic stagnation. Simulations and the empirical investigation demonstrate that stagnant private residential and equipment investments and productivity persistency are structural problems responsible for Kansai’s unique economic fluctuations.