研究者紹介

本多 佑三 プロフィール写真

研究統括 本多 佑三

  • 関西大学教授、大阪大学名誉教授
  • 金融論、計量経済学

学歴

米国プリンストン大学大学院修了(Ph.D. in Economics)

職歴

大阪大学金融・保険教育研究センター長
大阪大学大学院経済学研究科科長・学部長等を歴任
APIR上席研究員(~2017年9月)

主な著作物

『計量経済学における大標本検定』、1990年、神戸大学研究双書刊行会・有斐閣
『日本の景気-バブルそして平成不況の動学実証分析』(編)、1995年、有斐閣
"The Effects of the Basle Accord on Bank Credit: The Case of Japan", 2002,
Applied Economics, Vol.34, July, pp.1233-1239.
"Bank Capital Regulations and the Transmission Mechanism", 2004, Journal of Policy Modeling,Vol.26, Issue 6, September, pp. 675-688.
"Financial and Capital Markets' Response to Changes in the Central Bank's Target Interest Rate: The Case of Japan" (co-authored with Yoshihiro Kuroki), 2006, Economic Journal, Vol.116, No.513, July, pp.812-842.
『はじめての金融 新版』 (有斐閣ブックス)、2011年、有斐閣
"The Effectiveness of Nontraditional Monetary Policy: The Case of Japan", 2014, The Japanese Economic Review, Vol.65, No.1, March, pp.1-23.