講演会・シンポジウム

APIRフォーラム 「スマートシティ実証実験」成果報告

概要

IoT・AIの普及により、センサーを使った都市やまちの利便性が向上するサービスが多数提案されています。しかし複数のサービスが林立する事は重複投資となり、また利用者への分かり難さをもたらします。一般財団法人アジア太平洋研究所「都市におけるIoTの活用」研究会(リサーチリーダー  下條真司上席研究員/大阪大学サイバーメディアセンター 教授・センター長)ではこの様なスマートシティの普及に向けた課題に取り組んできており、この度、西日本電信電話株式会社及び日本電気 株式会社の協力のもとでスマートシティモデルに基づく実証実験の取り組みを行いました。今般、その成果を取りまとめ、成果フォーラムを開催します。

実験は、研究会で議論された課題を実証するものであり、スマート化によるまちの魅力・価値の 向上に資するものです。今回の取り組みの成果を皆様に共有し情報発信することにより、これからのデータ利活用社会のあり方について、広く皆様の議論や取り組みへの貢献となることを願います。

皆様、奮ってご参加ください。

定員:先着100名(残席わずかとなりました)

参加費:無料

締切:令和元年7月26日(金)

日時 2019年8月2日(金) 15:00~17:30
会場 グランフロント大阪北館タワーC8F ナレッジキャピタルカンファレンスルーム RoomC03+04(大阪市北区大深町3-1)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)
後援 大阪市(予定)、公益社団法人関西経済連合会(予定)
講師 ・主旨説明
 下條 真司(一般財団法人アジア太平洋研究所 上席研究員/大阪大学サイバーメディアセンター 教授・センター長)
・基調講演「スマートシティ、データ利活用等最近の動きについて(仮)」
 中道 忠和 (大阪市ICT戦略室 活用推進担当課長)
・成果報告「スマートシティ実証実験」成果報告
 西日本電信電話株式会社、日本電気株式会社、一般財団法人アジア太平洋研究所
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・真鍋(昌) TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)