過去の開催内容

APIRフォーラム 「岐路に立つ中国経済:新常態と新経済」

概要

OC

足下、米中貿易摩擦の激化により、IMFをはじめとした主要国際機関が今年度の経済成長率予想を相次いで下方修正する等、世界経済の先行きに対する警戒感が高まっております。 アジア太平洋の経済分析を実施しております当研究所としては、中国経済をマクロ、ミクロの両面より分析し、景気減速懸念が高まる同国経済の現状、フィンテックが牽引する「中国新経済」の展望等を考察することで、皆様と中国経済における最新情報を共有いたしたく存じます。 本会合の前半では、国内外において、中国のマクロ経済、新経済(ニューエコノミー)研究、およびフィンテックの第一線で活躍される研究者の方々をお招きし、下記の通りご発表頂きます。後半は、前半の発表を踏まえ、中国経済の先行き、米中貿易摩擦の動向、フィンテックを中心とした「中国新経済」の展望等に関してご議論いただきます。著名な中国経済と仮想通貨の専門家が、関西で一堂に会する大変貴重な機会でございます。奮ってご参加ください。 定員:先着100名(定員になり次第締め切ります) 参加費:無料 締切:令和元年7月16日(火)
日時 2019年7月16日(火) 14:00~17:00
会場 グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム Room C03+04 (大阪市北区大深町3-1)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)
講師 ・発表①「信用が創る「中国新経済」(仮題)」
 西村友作 中国 対外経済貿易大学 教授
・発表②「暗号資産(仮想通貨)における中国の動向」
 岩下直行 京都大学公共政策大学院 教授、前日本銀行FinTechセンター長
・発表③「マクロから見た「新常態」下の中国(仮題)」
 梶谷 懐 神戸大学大学院経済学研究科 教授
・パネルディスカッション
 モデレーター  岩本武和 APIR上席研究員、京都大学公共政策大学院 院長・教授
 パネリスト  西村友作氏、岩下直行氏、梶谷懐氏
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・藤田 TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

英語版関西経済白書発表会『 Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2018-19 』

概要

OC

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)は『アジア太平洋と関西』関西経済白書2018(日本語)を、毎秋に刊行して参りました。その日本語を基に、新たに編集し英訳した『Kansai and the Asia Pacific, Economic Outlook:2018-19』を今年は4月に刊行致します。本書は、民間企業のみならず、駐日公館、官公庁・自治体、大学を中心に活用されており、来る6月に開催される「G20大阪サミット」のプレスセンターにも資料提供されることが決まっております。 今年は世界経済を牽引する主要先進国の国内変化に関する分析や、節目にある財政金融政策の転換が世界経済・日本経済に与える影響、足下で注目度が高い中国経済の実態等、アジア太平洋地域の経済を考えていく上で必須となる論点の拡充と、関西経済を牽引する「2つの輸出(財とサービスの輸出)」等を中心に取り上げ、分析を行いました。 尚、本会合は英語のみでの発表とさせていただきます。アジア太平洋諸国・地域と日本、関西との一層の経済交流を願う多くの方々に、是非ご参加いただきたいと思います 使用言語:英語 参加費:無料 定員:100名 申込締切:4月22日(月)
日時 2019年4月25日(木) 15:00~17:00
会場 ナレッジキャピタル  カンファレンスルーム Room C03+04 (大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 北館 タワーC 8階)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所
共催 公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、京都商工会議所、神戸商工会議所(すべて予定)
講師 『Kansai and the Asia Pacific, Economic Outlook: 2018-19』発表会
登壇者(予定) 本多佑三 アジア太平洋研究所 研究統括
       猪木武徳 アジア太平洋研究所 研究顧問
       稲田義久 アジア太平洋研究所 研究統括
       後藤健太 アジア太平洋研究所 主席研究員
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 中山・吉道・藤田 TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
PDF

シンポジウム「パリ協定に基づく長期戦略」

概要

OC

政府においては、パリ協定に基づく、温室効果ガスの低排出型の経済・社会の発展のための長期戦略の取りまとめ作業が進んでおり、閣議決定の上、今春、国連に提出される見込みでございます。また、今年はG20大阪サミットなどの国際会議がわが国にて開催される予定となっており、世界の脱炭素化・エネルギー転換に向けた議論も活発になることと思われます。 そこで、経済産業省 産業技術環境局長の飯田祐二様をお招きし、これまでの国の議論を踏まえたわが国の長期戦略のポイントなどについてご講演いただきます。その後、アジア太平洋研究所 上席研究員で、東京大学公共政策大学院教授の有馬純様をコーディネーターに、関西経済界の視点から、2050年の温室効果ガスの長期大幅削減に向けたエネルギー・環境政策やわが国がめざすべき方向性などについてパネルディスカッションを行います。

ご多用の折、誠に恐縮ではございますが、是非多数のご出席を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

定員:120名

締切:4月3日(水)

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 吉道 TEL06-6485-7692

日時 2019年4月11日(木) 13:00~16:00
会場 ホテルグランヴィア大阪 20階「名庭A」(大阪市北区梅田3丁目1番1号)
主催 アジア太平洋研究所、関西経済連合会
後援 経済産業省(予定)
講師 第1部 基調講演「地球環境とイノベーション
           ~パリ協定に基づくわが国の長期戦略を踏まえて~(仮)」
【講師】経済産業省 産業技術環境局長 飯田 祐二 氏

第2部 パネルディスカッション「2050年の長期大幅削減実現に向けて(仮)」
【コーディネーター】 アジア太平洋研究所 上席研究員/東京大学公共政策大学院 教授  有馬 純 氏
【パネリスト】(※順不同)
 ㈱神戸製鋼所 顧問 佐藤 廣士 氏
  ((公社)関西経済連合会 副会長(地球環境・エネルギー委員会担当))
 日立造船㈱ 相談役 古川 実 氏
  ((公社)関西経済連合会 地球環境・エネルギー委員会 委員長)
 関西電力㈱ 原子力燃料サイクル室 サイクル事業グループ・マネジャー 瀬波 詠子 氏
 三井物産㈱ 西日本営業部 関西エネルギー室 室長補佐 林 大輔 氏
 (公財)地球環境産業技術研究機構 グループリーダー・主席研究員 秋元 圭吾 氏
 (一財)アジア太平洋研究所 研究員 馬 騰 氏
その他 *ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

【申込締切】講演会「最近の国際動向とCOP24」

概要

OC

政府においては、年度末に向けて、パリ協定に基づく、温室効果ガスの低排出型の経済・社会の発展のための長期戦略が策定される予定となっており、脱炭素化に向けた各分野での取り組みの方向性など、様々な検討がなされております。こうした中、2018年12月3日から15日にかけて、ポーランドにて国連気候変動枠組条約(UNFCCC)締約国による第24回締約国会議(COP24)が開催されました。COP24では、わが国を含む各国のエネルギー・環境政策に影響を及ぼすであろうパリ協定の運用ルールが採択されたことから、今後のエネルギーや環境の情勢を判断する上では、そこでの議論の中身を理解することが必要不可欠であります。 そこで今回は、弊アジア太平洋研究所上席研究員の有馬純東京大学公共政策大学院教授より、COP24に関して、議論の成果や各国のエネルギー・環境政策に与える影響などについて、ご解説いただきます。

ご多用の折、誠に恐縮ではございますが、是非多数のご出席を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

定員:120名

締切:1月16日(水)

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 吉道、西川 TEL06-6485-7692

日時 2019年1月24日(木) 16:00 ~ 17:30
会場 関西経済連合会29階 会議室(大阪市北区中之島6丁目2-27中之島センタービル29階)
主催 アジア太平洋研究所、関西経済連合会
講師 講演会 「最近の国際動向とCOP24」
 講 師:アジア太平洋研究所 上席研究員/東京大学公共政策大学院 教授 有馬 純 氏
その他 *ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

【満席につき申込締切!】APIR・ERIA共催シンポジウム「デジタルテクノロジーがもたらす新しい世界経済とアジア経済統合の課題」-G20大阪サミットに向けて-

概要

OC

世界に保護主義が台頭し、トランプ政権下の米国が内向きの政策に傾く情勢のなか、アジアをめぐる経済統合の動きも活発化しています。また、2019年6月には大阪でG20が開催されます。そのような状況で、ITがもたらす新次元のグローバリゼーションとはどのような姿なのかについて、その分野の第一人者のリチャード E.ボールドウィン氏にご講演いただき、安田洋祐氏(大阪大学大学院准教授)と南章行氏(㈱ココナラ代表取締役)を交えた議論を行います。また、後半は大阪大学大学院教授の阿部顕三氏のファシリテートにより、「デジタル・エコノミーとアジア経済統合」と題し、「国際ルール」「電子商取引」「ICT利活用」「デジタル貿易」などをキーワードに、パネルディスカッションを実施します。 本会合は東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)と当研究所による共催シンポジウムです。APIRの2018年度研究プロジェクト「アジアをめぐる経済統合の展望と課題」(リサーチリーダー:木村福成 APIR上席研究員)の活動の一環として行うものです。奮ってご参加ください。 使用言語:日英(同時通訳あり) 定員:150名(定員になり次第締め切ります) 参加費:無料 締切:平成31年1月9日(水)
日時 2019年1月11日(金) 15:00~17:30
会場 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル  タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C01-02 (大阪市北区大深町3-1)
主催 一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)
共催 東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)
後援 外務省、2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会、公益社団法人関西経済連合会
講師 ◎コーディネーター  木村福成 氏
(APIR上席研究員、慶應義塾大学教授、ERIAチーフエコノミスト)
<第一部>
基調講演 「世界経済 大いなる収斂 ITがもたらす新次元のグローバリゼーション」
リチャード E. ボールドウィン氏
(ジュネーブ高等国際問題開発研究所 国際経済学教授)
○コメンテーター  安田洋祐 氏 (大阪大学大学院 経済学研究科 准教授)
        南 章行 氏 (株式会社ココナラ 代表取締役)
<第二部>
パネルディスカッション「デジタル・エコノミーとアジア経済統合」
○パネリスト    川島富士雄氏(神戸大学大学院 法学研究科 教授)
清水一史 氏(九州大学経済学研究院 国際経済経営部門 教授)
木村福成 氏
○ファシリテーター 阿部顕三 氏(大阪大学大学院 経済学研究科 教授)

********************************************
Richard E. Baldwin氏略歴:
欧米の有名大学等にて教鞭を執った後、1991年より現職。
90-91年 米国大統領経済諮問委員会シニア・エコノミストに就任。
多数の政権や欧州委員会、OECD等の顧問を歴任。
********************************************
その他 【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・藤田 TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。