研究成果

research project

2014年度報告書が完成しました。

DATE : 

関西における中小企業を対象に、定量的な分析手法でTFPの伸び率を測定した後、 インタビュー調査からTFPの伸び率の要因を探り、中小企業の生産性向上の原動力を明らかにしました。 関西の中小企業を対象にして生産性の伸び率を計測し、高生産性を達成している 元気な秘訣をインタビュー調査によって探った研究はこれまでに存在しておらず、本調査が初めての試みです。

この研究成果の研究プロジェクト

  • 小川 一夫

    中小企業等のイノベーションの原動力分析

    研究プロジェクト

    研究プロジェクト » 2014年度 » 人口減少・高齢化社会における需要構造の変化

    AUTHOR : 
    小川 一夫

    ABSTRACT

    リサーチリーダー

    主席研究員 小川一夫 大阪大学教授

     

    研究目的

    前年度の成果を踏まえ、H26年度は中小企業等のイノベーション促進に向けての包括的な提言を行う。

     

    研究内容

    中小企業がイノベーションを活発に行い、海外へ財やサービスの輸出が可能となるには、どのような要因(人材、技術、企業組織等)が重要なのか明らかにするとともに、それを達成する上で関連企業、地方自治体、大学がどのような役割を果たすべきか提言として纏める。

     

    リサーチャー

    荒井信幸 和歌山大学経済学部 教授

    松林洋一 神戸大学大学院経済学研究科 教授

    大来哲郎 日本政策投資銀行 課長

    美濃地研一 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 主任研究員

    木下祐輔 APIR研究員

     

    期待される成果と社会還元のイメージ

    関西の活性化を実現するグランドビジョンを描くためには、その中で中小企業をどのように位置づけ具体的な戦略を立案することが枢要となる。本プロジェクトはそのための重要な情報を提供する。