今後のイベント一覧

ADB・APIR 共催セミナーMacroeconomic Management:転換期にあるアジア・日本経済

概要

世界経済は、米中貿易摩擦問題を抱えながらも、米国及びアジア経済を牽引役として良好に景気拡大を続けております。一方、米国は力強い景気回復を背景に、緩やかではあるものの、着実に金融政策の引締めを行っており、欧州もまたこれに追随しようとしております。金融政策の引締めが経済の良好を反映する一方、いずれは金融政策の引締めを契機とする不景気が到来する可能性も高まっております。それでは、我々は現在起こりつつある変化はどう考えればよいのでしょうか。

本講演会では、9月末に発表予定のADBの四半期報告 Asian Development Outlookの2018年版(ADO2018)に基づき、ADBのチーフエコノミストである澤田康幸先生より、インドや中国をはじめとするアジア太平洋地域の経済状況ならびに今後の見通しについて報告するとともに、転換期にあるアジアと世界経済を題材に先進国の金融政策変化などがアジア諸国の為替レート、資本流出・経済成長などに与える影響について解説を頂きます。またAPIRの本多研究統括からも、主要先進国の金融政策の変化が、金融サイドからマクロ経済に与える影響の事例を交えながら解説し、今後の世界経済の先行きについて会場のみなさまとともに考察を深めたいと思います。多数のご参加をお待ちしております。

定員:60名(定員になり次第締め切ります)

締切:9月25日(火)

日時 2018年9月27日(木)15:00~17:00 (14:30開場)
会場 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル  タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C03 (大阪市北区大深町3-1)
主催 アジア開発銀行(ADB)
アジア太平洋研究所(APIR)
講師 ・報告①「アジア経済見通し2018:Macroeconomic Management:転換期にあるアジア経済の展望」
 澤田 康幸 氏(アジア開発銀行チーフエコノミスト)
・報告②「米国の経済政策と日本経済」
 本多 佑三 氏(APIR研究統括、大阪大学名誉教授、大阪学院大学教授)

講演会「カーボンプライシングについて」

概要

 政府においては、今年7月、第5次エネルギー基本計画が策定されました。本計画では、2050年に向けて、温室効果ガス80%削減を目指したエネルギー政策の方向性などが記載されております。また、年度末に向けて、パリ協定に基づく、温室効果ガスの低排出型の経済・社会の発展のための長期戦略が策定される予定となっており、省庁横断での議論が始まるなかで、脱炭素化に向けた各分野での取り組みの方向性など、様々な検討がなされる見込みです。

そこで今回は、アジア太平洋研究所上席研究員/東京大学公共政策大学院教授の有馬純氏より、カーボンプライシングの検討状況や、そうした政策動向が我が国の経済や企業活動に与える影響などについてご解説いただきます。

ご多用の折、誠に恐縮ではございますが、是非多数のご出席を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

定員:120名

締切:10月11日(木)

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 吉道、西川 TEL06-6485-7692

日時 2018年10月18日(木) 15:00 ~ 16:30
会場 関西経済連合会29階 会議室(大阪市北区中之島6丁目2-27中之島センタービル29階)
主催 アジア太平洋研究所、関西経済連合会
講師 ■講演会 (15:00~16:30)
「カーボンプライシングについて」
 講 師:アジア太平洋研究所 上席研究員/東京大学公共政策大学院 教授 有馬 純 氏
その他 *ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

APIR事業報告・関西経済白書2018発表会

概要

アジア太平洋研究所(APIR)は、世界経済におけるアジア太平洋地域の重要性が高まるなか、「関西のアジア太平洋の羅針盤」となるべく、関西に立地する強みを生かした研究・提言を通した政策立案やビジネス戦略への貢献を目指し、事業活動のより一層の充実を図っております。

 今般、この1年の研究活動を中心に事業報告会を開催し、会員企業をはじめ一般の方にも、当研究所事業活動についてより深くご理解いただいと考えております。また毎秋に発行しております「アジア太平洋と関西 -関西経済白書2017-」を併せて発表させていただきます。

関西経済白書2018は、「パートⅠ アジア太平洋の政治経済の現状と課題」および「パートⅡ 関西経済が目指す方向性」の2部で構成されております。パートⅠでは、世界の主要国である日米欧中の国内経済の変化に関する分析や、節目にある財政金融政策の転換が世界・日本経済に与える影響、中国経済の実態などについて、パートⅡでは関西経済を牽引する「2つ」の輸出というテーマで、関西経済が再び成長していくための課題等を中心にご説明させていただきます。多数ご参加いただきますようご案内申し上げます  

定員:100名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

日時 2018年10月25日(木)14:30~17:00
会場 インターコンチネンタルホテル大阪 2階 「SAKURA」 (グランフロント大阪 北館)
主催 一般財団法人 アジア太平洋研究所
講師 【事業報告】 岩野 宏 アジア太平洋研究所 代表理事

「アジア太平洋と関西 - 関西経済白書 2018 -」発表
【概要説明】 猪木武徳 アジア太平洋研究所 研究統括
       本多佑三 アジア太平洋研究所 研究統括
       稲田義久 アジア太平洋研究所 数量経済分析センター センター長
       後藤健太 アジア太平洋研究所 主席研究員                 ほか
その他 【参加費】1名につき5,000円(アジア太平洋研究所会員・行政機関は無料、当日のご出席者には『アジア太平洋と関西 関西経済白書2018』を謹呈いたします。)

【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・藤田 TEL:06-6485-7692

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

兵庫/神戸版「関西経済白書2018」発表会(神戸初開催!)~兵庫/神戸経済は成長を取込めるか、又、鍵を握る中国経済の現状について~

概要

アジア太平洋研究所(APIR)は、世界経済におけるアジア太平洋地域の重要性が高まるなか、「関西のアジア太平洋の羅針盤」となるべく、関西に立地する強みを生かした研究・提言を通した政策立案やビジネス戦略への貢献を目指し、事業活動のより一層の充実を図っております。

今般、初めて、神戸でも開催し、会員企業をはじめ一般の方にも、当研究所研究内容についてより深くご理解いただきたいと考えております。また毎秋に発行しております「アジア太平洋と関西 -関西経済白書2018-」から、関西のみならず兵庫/神戸経済にフォーカスし、成長に向けての課題と今後の提言、又、大きな影響のある中国経済の現状について発表をさせていただきます。

関西経済白書2018は、「パートⅠ アジア太平洋の政治経済の現状と課題」および「パートⅡ 関西経済が目指す方向性」の2部で構成されております。パートⅠでは、世界の主要国である日米欧中の国内経済の変化に関する分析や、節目にある財政金融政策の転換が世界・日本経済に与える影響、中国経済の実態などについて、パートⅡでは関西経済を牽引する「2つ」の輸出というテーマで、関西経済が再び成長していくための課題等を中心に説明しております。多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。  

参加費:無料

定員:60名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

締切:11月1日(木)

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 吉道、西川 TEL06-6485-7692

日時 2018年11月8日(木) 14:00 ~16:00
会場 神戸国際会館セミナーハウス8階805号室(神戸市中央区御幸通8-1-6)
主催 アジア太平洋研究所
共催 神戸商工会議所
後援 兵庫県、神戸市、神戸新聞社
講師 ・開会挨拶・APIR紹介:岩野 宏 アジア太平洋研究所 代表理事
・兵庫/神戸版「関西経済白書 2018」説明
  稲田義久 アジア太平洋研究所 数量経済分析センター センター長/甲南大学副学長
  松林洋一 アジア太平洋研究所 主席研究員/神戸大学教授
その他 *ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。