講演会・シンポジウム

event

今後のイベント一覧

APIRフォーラム「コロナ後のアジア経済 ~ASEAN諸国等新興国・途上国の経済発展の現状と展望~」

概要

グローバルサプライチェーンの主要エリアとして成長を続けているASEANを始めとするアジア地域は、これからの世界経済を考えるうえで重要度を増しており、世界中が関心を寄せています。我々は米中対立やコロナパンデミック、そしてロシア ウクライナ危機など多くのリスクに直面していますが、コロナ禍も終息しつつあるアジア諸国の具体的な現状についてはメディア等でも十分に語られていません。

そこで今回は、アジア諸国の経済について専門家にご講演いただき、それに続く討論を通じて、これからの日本・関西経済を考える上で重要な視点を参加企業・団体の皆様へ提供していきます。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 

定員:対面方式:30名(定員になり次第締切)

新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、感染防止策を講じた上で開催いたします。

オンライン方式:200名(定員になり次第締切)

参加費:無料

締切:2023年2月16日(木)12:00

表:今後のイベント一覧02
日時

2023年2月20日(月)14:30~16:00

会場

対面:グランフロント大阪 北館タワーC 8階ナレッジキャピタルカンファレンスルームC07  オンライン:Zoomウェビナーによる実施

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所

講師

<次第>
 ・基調講演1「アジア経済の復興と課題」 澤田 康幸 氏
 ・基調講演2「ASEANを取り巻く現状と課題 ~現地の視点から~」 助川 成也 氏
 ・パネルディスカッション
   コーディネーター 木村 福成 氏(APIR上席研究員/慶應義塾大学経済学部教授/
                    東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)チーフエコノミスト)
   パネリスト    澤田 康幸 氏、助川 成也 氏

<講師略歴>
澤田 康幸(さわだ やすゆき)氏(東京大学大学院経済学研究科教授/
                 同付属政策評価研究教育センター(CREPE)センター長)
 1999年9月 スタンフォード大学大学院経済学部博士課程修了(Ph.D. 取得)後、
 東京大学大学院経済学研究所准教授などを経て、2012年1月より同教授。
 2017年3月から2021年までアジア開発銀行(ADB)のチーフエコノミスト兼経済調査・地域協力局長。
 専門は開発経済学、災害の経済学、フィールド調査と政策実験。

助川 成也(すけがわ せいや)氏(泰日工業大学客員教授/国士舘大学政経学部教授)
 1969年生まれ。九州大学大学院経済学府博士後期課程修了。博士(経済学)
 日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所 主任調査研究員、同海外地域戦略主幹(ASEAN)、
 国士舘大学政経学部准教授等を経て、2020 年より同大学教授。
 2022年より現職。専門は、ASEAN経済、経済開発論。

その他

申込方法 APIRウェブサイト(https://www.apir.or.jp/event/)よりお申込みください。
対面参加:直接会場へお越しください。
オンライン参加:追って、事務局より、ご登録いただきました個人メールアドレス(代理アドレス不可)に、
セミナー情報(URL、ID、パスワード等)をお知らせいたします。

【ご連絡先】TEL:06-6485-7692  FAX:06-6485-7689  E-mail:kouenkai@apir.or.jp
      (担当:山守、井上、井原)

PDF

会場案内図PDF

APIRフォーラム ~グローバル化時代のSDGs経営とは~

概要

APIRでは2025年大阪・関西万博開催をにらみ、関西で活動する企業や団体、個人が避けて通ることのできない「SDGs実装化」について調査研究を進めております。

このたび2022年度の調査研究活動で得た知見を中心に、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会における「調達コード」に関する議論や「人権」課題との向き合い方について議論が進む国内外の情勢について情報提供いたします。また、パネルディスカッションでは有識者による侃々諤々の論を展開していただきます。

APIR会員企業のみなさま及び一般の方に広くご参加いただければ幸甚です。

 

定員:40名(定員になり次第締切) ※会場での対面方式のみの開催となります。

参加費:無料

締切:2023年2月17日(金)

表:今後のイベント一覧03
日時

2023年2月21日(火)13:30~16:30

会場

グランフロント大阪 北館タワーC 8階(ナレッジキャピタルカンファレンスルーム Room C03+C04)

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

講師

<次第>(講演タイトルは全て仮題)
(1)開会
(2)イントロダクション
   「持続可能なサプライチェーンとは」 
     後藤 健太 氏(関西大学経済学部教授、アジア太平洋研究所主席研究員)
(3)基調講演
   「なぜいま人権か~ビジネスと人権、サステナビリティに取組む理由~」
     田中 竜介 氏(ILO駐日事務所プログラムオフィサー、渉外労働・基準専門官)
(4)特別講演
   「いのち輝く未来社会に向けて調達コードがめざすもの~過去との比較から~」
     藤馬 裕一 氏(株式会社三菱総合研究所 営業本部万博推進室プロデューサー)
(5)パネルディスカッション(順不同)
  【パネリスト】
    後藤 健太 氏(再掲)
    菊池 淳子 氏(日本工営株式会社 SDGs&CSR戦略ユニット長)
    草郷 孝好 氏(関西大学社会学部教授)
    田中 竜介 氏(再掲)
    藤馬 裕一 氏(再掲)
  【モデレーター】
    佐藤 寛 氏 (独立行政法人日本貿易振興機構 アジア経済研究所上席主任調査研究員)
(6)閉会

その他

■申込方法 APIRウェブサイト(https://www.apir.or.jp/event/)よりお申込み下さい。
 本フォーラムは、会場での対面方式のみの実施となります。フォーラム当日に直接会場へお越しください。
 なお後日、当日の録画をホームページ上で期間限定配信する予定です。

【ご連絡先】TEL:06-6485-7692 FAX:06-6485-7689 e-mail: kouenkai@apir.or.jp
      (担当:寺田、井原、中山、長谷川)
*ご記入いただいた情報は、本フォーラムのみ使用いたします。講師には参加者名簿として配付させていただきます。

PDF

会場案内図PDF

APIR異脳ベーションセミナー(第2回)「不思議の国のアリ巣 ~小さなアリの大きな秘密~」

概要

今回は、アリ愛あふれる甲南大学理工学部生物学科准教授の後藤彩子氏にご講演いただきます。

社会には様々なストレスがありますが、私たちにとって社会環境と生命機能の関わりを理解することは、健康の維持や向上に繋がります。

では、なぜアリなのでしょうか?

実はアリのような社会性昆虫は、ヒトと同様に社会と健康の関わりが強く、不思議でおもしろい共通点があります。

小さなアリの大きな秘密の一端を分子生物学・組織形態学などの手法を用いることにより明らかにしたお話をしていただきます。先生の話をとおして、人の健康や社会のあり方を考えるヒントが得られると思います。ぜひご参加いただければ幸甚です。

 

定員:200名(定員になり次第締め切り)
参加費:無料
締切:2023年2月20日(月)1200

お申込みいただいた方へ、21日頃に、ZOOM登録のためのURLをメールにて送付いたしますが、万が一、お手元に届かない場合は、事務局までご連絡ください。

表:今後のイベント一覧04
日時

2023年2月22日(水)15:00~16:30

会場

オンラインセミナー(Zoomウェビナーによる実施)

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

講師

<次第>
 15:00~16:00 講演「不思議の国のアリ巣 ~小さなアリの大きな秘密~」
 16:00~16:30 質疑応答

<講師>
 甲南大学理工学部生物学科 准教授 後藤 彩子(ごとう あやこ)氏

【講師略歴】
 東京都立大学理学部生物学科卒業
 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻修士課程修了
 愛媛大学大学院連合農学研究科生物環境保全学専攻博士課程修了、博士(農学)取得
 自然科学研究機構基礎生物学研究所・特別協力研究員、同生理学研究所・専門研究職員
 を経たのち、日本学術振興会・特別研究員(PD)に採用
 2014年4月より甲南大学理工学部生物学科・准教授
 

その他

■申込方法 APIRホームページ(https://www.apir.or.jp/event/)よりお申込み下さい。
追って、事務局よりセミナー情報(URL、パスワード等)をご登録いただきました個人メールアドレス(代理アドレス不可)にお知らせいたします。
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

【ご連絡先】TEL:06-6485-7692 FAX:06-6485-7689 e-mail: kouenkai@apir.or.jp
(担当:中山、長谷川、寺田、井原)

PDF

第2回異脳ベーションセミナー「不思議の国のアリ巣」PDF