講演会・シンポジウム

event

最近の開催内容

【満席につき締切】APIR自主研究成果報告会「関西地域間産業連関表(2011年)の作成と活用」

概要

当研究所では、2011年度に2005年関西地域間産業連関表を作成後、7年ぶりに同連関表の改訂作業を2018年度自主研究として実施しました。経済産業省が2005年表を最後に各地域の地域産業連関表の作成を中止したため、当研究所がこのほど作成した2011年関西地域間産業連関表が関西地域を対象とする唯一の本格的なものとなります。関西では、インバウンド(訪日外国人客)拡大や交通網整備などにより、地域を越えた財・サービスの流動が近年増加しており、より精緻で広域的な分析ができる産業連関表への期待が高まっています。当研究所が作成した関西地域間産業連関表(関西2府8県を対象)は、行政・経済界・大学にとって、広域的な経済活動の分析、経済振興施策や大規模国際イベントの経済波及効果(経済全体に波及した場合の生産誘発額、付加価値創出額、雇用創出規模など)の試算に大いに活用いただけるものと期待しております。

そこで、本研究プロジェクトに携わったリサーチメンバーから、下記の通り、2011年関西地域間産業連関表の作成プロセス、広域関西の産業構造について解説するとともに、活用事例の紹介をさせていただきます。この機会に是非多くの皆様のご参加をお願いいたします。

定員:先着50名(定員になり次第締め切ります)

参加費:無料

締切:2019年8月23日(金)

表:過去の開催内容02
日時

2019年8月23日(金) 15:00~17:00

会場

グランフロント大阪 北館タワーC 8階

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

講師

・「関西地域間産業連関表(2011年)の作成について」

 入江 啓彰 リサーチャー(近畿大学短期大学部准教授)

・「関西地域間産業連関表(2011年)の活用について」:G20サミット、2025年万博の経済効果等

 稲田 義久 APIR研究統括・数量経済分析センターセンター長

 下田 充  リサーチャー(日本アプライドリサーチ研究所主任研究員)

 下山 朗  リサーチャー(奈良県立大学教授)


その他

【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・真鍋(昌) TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

APIRフォーラム 「スマートシティ実証実験」成果報告

概要

IoT・AIの普及により、センサーを使った都市やまちの利便性が向上するサービスが多数提案されています。しかし複数のサービスが林立する事は重複投資となり、また利用者への分かり難さをもたらします。一般財団法人アジア太平洋研究所「都市におけるIoTの活用」研究会(リサーチリーダー  下條真司上席研究員/大阪大学サイバーメディアセンター 教授・センター長)ではこの様なスマートシティの普及に向けた課題に取り組んできており、この度、西日本電信電話株式会社及び日本電気 株式会社の協力のもとでスマートシティモデルに基づく実証実験の取り組みを行いました。今般、その成果を取りまとめ、成果フォーラムを開催します。

実験は、研究会で議論された課題を実証するものであり、スマート化によるまちの魅力・価値の 向上に資するものです。今回の取り組みの成果を皆様に共有し情報発信することにより、これからのデータ利活用社会のあり方について、広く皆様の議論や取り組みへの貢献となることを願います。

皆様、奮ってご参加ください。

定員:先着100名(残席わずかとなりました)

参加費:無料

締切:令和元年8月2日(金)

表:過去の開催内容03
日時

2019年8月2日(金) 15:00~17:30

会場

グランフロント大阪北館タワーC8F

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

後援

大阪市(予定)、公益社団法人関西経済連合会(予定)

講師

・主旨説明

 下條 真司(一般財団法人アジア太平洋研究所 上席研究員/大阪大学サイバーメディアセンター 教授・センター長)

・基調講演「スマートシティ、データ利活用等最近の動きについて(仮)」

 中道 忠和 (大阪市ICT戦略室 活用推進担当課長)

・成果報告「スマートシティ実証実験」成果報告

 西日本電信電話株式会社、日本電気株式会社、一般財団法人アジア太平洋研究所


その他

【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・真鍋(昌) TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

APIRフォーラム 「岐路に立つ中国経済:新常態と新経済」

概要

足下、米中貿易摩擦の激化により、IMFをはじめとした主要国際機関が今年度の経済成長率予想を相次いで下方修正する等、世界経済の先行きに対する警戒感が高まっております。

アジア太平洋の経済分析を実施しております当研究所としては、中国経済をマクロ、ミクロの両面より分析し、景気減速懸念が高まる同国経済の現状、フィンテックが牽引する「中国新経済」の展望等を考察することで、皆様と中国経済における最新情報を共有いたしたく存じます。

本会合の前半では、国内外において、中国のマクロ経済、新経済(ニューエコノミー)研究、およびフィンテックの第一線で活躍される研究者の方々をお招きし、下記の通りご発表頂きます。後半は、前半の発表を踏まえ、中国経済の先行き、米中貿易摩擦の動向、フィンテックを中心とした「中国新経済」の展望等に関してご議論いただきます。著名な中国経済と仮想通貨の専門家が、関西で一堂に会する大変貴重な機会でございます。奮ってご参加ください。

定員:先着100名(定員になり次第締め切ります)

参加費:無料

締切:令和元年7月16日(火)

表:過去の開催内容04
日時

2019年7月16日(火) 14:00~17:00

会場

グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム Room C03+04 (大阪市北区大深町3-1)

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

講師

・発表①「信用が創る「中国新経済」(仮題)」

 西村友作 中国 対外経済貿易大学 教授

・発表②「暗号資産(仮想通貨)における中国の動向」

 岩下直行 京都大学公共政策大学院 教授、前日本銀行FinTechセンター長

・発表③「マクロから見た「新常態」下の中国(仮題)」

 梶谷 懐 神戸大学大学院経済学研究科 教授

・パネルディスカッション

 モデレーター  岩本武和 APIR上席研究員、京都大学公共政策大学院 院長・教授

 パネリスト  西村友作氏、岩下直行氏、梶谷懐氏


その他

【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・藤田 TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。
*省エネルギー推進のため、適正冷房(約28度)、職員の軽装勤務に取り組んでおります。会合へのご出席にあたりまして、適正冷房にふさわしい服装でお越し頂きますようお願い申し上げます。 (期間:5月1日~10月31日)

英語版関西経済白書発表会『 Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2018-19 』

概要

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)は『アジア太平洋と関西』関西経済白書2018(日本語)を、毎秋に刊行して参りました。その日本語を基に、新たに編集し英訳した『Kansai and the Asia Pacific, Economic Outlook:2018-19』を今年は4月に刊行致します。本書は、民間企業のみならず、駐日公館、官公庁・自治体、大学を中心に活用されており、来る6月に開催される「G20大阪サミット」のプレスセンターにも資料提供されることが決まっております。

今年は世界経済を牽引する主要先進国の国内変化に関する分析や、節目にある財政金融政策の転換が世界経済・日本経済に与える影響、足下で注目度が高い中国経済の実態等、アジア太平洋地域の経済を考えていく上で必須となる論点の拡充と、関西経済を牽引する「2つの輸出(財とサービスの輸出)」等を中心に取り上げ、分析を行いました。

尚、本会合は英語のみでの発表とさせていただきます。アジア太平洋諸国・地域と日本、関西との一層の経済交流を願う多くの方々に、是非ご参加いただきたいと思います

使用言語:英語

参加費:無料

定員:100名

申込締切:4月22日(月)

表:過去の開催内容05
日時

2019年4月25日(木) 15:00~17:00

会場

ナレッジキャピタル  カンファレンスルーム Room C03+04 (大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 北館 タワーC 8階)

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所

共催

公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、京都商工会議所、神戸商工会議所(すべて予定)

講師

『Kansai and the Asia Pacific, Economic Outlook: 2018-19』発表会

登壇者(予定) 本多佑三 アジア太平洋研究所 研究統括

       猪木武徳 アジア太平洋研究所 研究顧問

       稲田義久 アジア太平洋研究所 研究統括

       後藤健太 アジア太平洋研究所 主席研究員


その他

【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 中山・吉道・藤田 TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

PDF

Invitation in EnglishPDF

シンポジウム「パリ協定に基づく長期戦略」

概要

政府においては、パリ協定に基づく、温室効果ガスの低排出型の経済・社会の発展のための長期戦略の取りまとめ作業が進んでおり、閣議決定の上、今春、国連に提出される見込みでございます。また、今年はG20大阪サミットなどの国際会議がわが国にて開催される予定となっており、世界の脱炭素化・エネルギー転換に向けた議論も活発になることと思われます。

そこで、経済産業省 産業技術環境局長の飯田祐二様をお招きし、これまでの国の議論を踏まえたわが国の長期戦略のポイントなどについてご講演いただきます。その後、アジア太平洋研究所 上席研究員で、東京大学公共政策大学院教授の有馬純様をコーディネーターに、関西経済界の視点から、2050年の温室効果ガスの長期大幅削減に向けたエネルギー・環境政策やわが国がめざすべき方向性などについてパネルディスカッションを行います。

ご多用の折、誠に恐縮ではございますが、是非多数のご出席を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

定員:120名

締切:4月3日(水)

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 吉道 TEL06-6485-7692

表:過去の開催内容06
日時

2019年4月11日(木) 13:00~16:00

会場

ホテルグランヴィア大阪 20階「名庭A」(大阪市北区梅田3丁目1番1号)

主催

アジア太平洋研究所、関西経済連合会

後援

経済産業省(予定)

講師

第1部 基調講演「地球環境とイノベーション

           ~パリ協定に基づくわが国の長期戦略を踏まえて~(仮)」

【講師】経済産業省 産業技術環境局長 飯田 祐二 氏


第2部 パネルディスカッション「2050年の長期大幅削減実現に向けて(仮)」

【コーディネーター】 アジア太平洋研究所 上席研究員/東京大学公共政策大学院 教授  有馬 純 氏

【パネリスト】(※順不同)

 ㈱神戸製鋼所 顧問 佐藤 廣士 氏

  ((公社)関西経済連合会 副会長(地球環境・エネルギー委員会担当))

 日立造船㈱ 相談役 古川 実 氏

  ((公社)関西経済連合会 地球環境・エネルギー委員会 委員長)

 関西電力㈱ 原子力燃料サイクル室 サイクル事業グループ・マネジャー 瀬波 詠子 氏

 三井物産㈱ 西日本営業部 関西エネルギー室 室長補佐 林 大輔 氏

 (公財)地球環境産業技術研究機構 グループリーダー・主席研究員 秋元 圭吾 氏

 (一財)アジア太平洋研究所 研究員 馬 騰 氏


その他

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

【申込締切】講演会「最近の国際動向とCOP24」

概要

政府においては、年度末に向けて、パリ協定に基づく、温室効果ガスの低排出型の経済・社会の発展のための長期戦略が策定される予定となっており、脱炭素化に向けた各分野での取り組みの方向性など、様々な検討がなされております。こうした中、2018年12月3日から15日にかけて、ポーランドにて国連気候変動枠組条約(UNFCCC)締約国による第24回締約国会議(COP24)が開催されました。COP24では、わが国を含む各国のエネルギー・環境政策に影響を及ぼすであろうパリ協定の運用ルールが採択されたことから、今後のエネルギーや環境の情勢を判断する上では、そこでの議論の中身を理解することが必要不可欠であります。

そこで今回は、弊アジア太平洋研究所上席研究員の有馬純東京大学公共政策大学院教授より、COP24に関して、議論の成果や各国のエネルギー・環境政策に与える影響などについて、ご解説いただきます。

ご多用の折、誠に恐縮ではございますが、是非多数のご出席を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

定員:120名

締切:1月16日(水)

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 吉道、西川 TEL06-6485-7692

表:過去の開催内容07
日時

2019年1月24日(木) 16:00 ~ 17:30

会場

関西経済連合会29階 会議室(大阪市北区中之島6丁目2-27中之島センタービル29階)

主催

アジア太平洋研究所、関西経済連合会

講師

講演会 「最近の国際動向とCOP24」

 講 師:アジア太平洋研究所 上席研究員/東京大学公共政策大学院 教授 有馬 純 氏


その他

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

【満席につき申込締切!】APIR・ERIA共催シンポジウム「デジタルテクノロジーがもたらす新しい世界経済とアジア経済統合の課題」-G20大阪サミットに向けて-

概要

世界に保護主義が台頭し、トランプ政権下の米国が内向きの政策に傾く情勢のなか、アジアをめぐる経済統合の動きも活発化しています。また、2019年6月には大阪でG20が開催されます。そのような状況で、ITがもたらす新次元のグローバリゼーションとはどのような姿なのかについて、その分野の第一人者のリチャード E.ボールドウィン氏にご講演いただき、安田洋祐氏(大阪大学大学院准教授)と南章行氏(㈱ココナラ代表取締役)を交えた議論を行います。また、後半は大阪大学大学院教授の阿部顕三氏のファシリテートにより、「デジタル・エコノミーとアジア経済統合」と題し、「国際ルール」「電子商取引」「ICT利活用」「デジタル貿易」などをキーワードに、パネルディスカッションを実施します。

本会合は東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)と当研究所による共催シンポジウムです。APIRの2018年度研究プロジェクト「アジアをめぐる経済統合の展望と課題」(リサーチリーダー:木村福成 APIR上席研究員)の活動の一環として行うものです。奮ってご参加ください。

使用言語:日英(同時通訳あり)

定員:150名(定員になり次第締め切ります)

参加費:無料

締切:平成31年1月9日(水)

表:過去の開催内容08
日時

2019年1月11日(金) 15:00~17:30

会場

グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル  タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C01-02 (大阪市北区大深町3-1)

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

共催

東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)

後援

外務省、2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会、公益社団法人関西経済連合会

講師

◎コーディネーター  木村福成 氏

(APIR上席研究員、慶應義塾大学教授、ERIAチーフエコノミスト)

<第一部>

基調講演 「世界経済 大いなる収斂 ITがもたらす新次元のグローバリゼーション」

リチャード E. ボールドウィン氏

(ジュネーブ高等国際問題開発研究所 国際経済学教授)

○コメンテーター  安田洋祐 氏 (大阪大学大学院 経済学研究科 准教授)

        南 章行 氏 (株式会社ココナラ 代表取締役)

<第二部>

パネルディスカッション「デジタル・エコノミーとアジア経済統合」

○パネリスト    川島富士雄氏(神戸大学大学院 法学研究科 教授)

清水一史 氏(九州大学経済学研究院 国際経済経営部門 教授)

木村福成 氏

○ファシリテーター 阿部顕三 氏(大阪大学大学院 経済学研究科 教授)


********************************************

Richard E. Baldwin氏略歴:

欧米の有名大学等にて教鞭を執った後、1991年より現職。

90-91年 米国大統領経済諮問委員会シニア・エコノミストに就任。

多数の政権や欧州委員会、OECD等の顧問を歴任。

********************************************


その他

【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・藤田 TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

APIRフォーラム 景気討論会「関西経済を牽引する「2つ」の輸出の持続可能性」-米中貿易摩擦の高進と自然災害:高まるリスクの分析と今後の戦略-

概要

APIRでは、恒例となっております「景気討論会」を今年も開催いたします。本会合は最新の日本・関西経済見通しを報告すると共に、毎年、時節に相応しいテーマの下、有識者による議論を行っております。

足下、我が国の実質GDP(7-9月期)は2四半期ぶりにマイナスとなりました。要因としては自然災害による消費や輸出の低迷が挙げられます。この結果、これまで関西経済を牽引してきた財の輸出と、サービスの輸出(インバウンド需要)という「2つ」の輸出に対する懸念が高まっていると考えられます。

今回の景気討論会では、この「2つ」の輸出を鈍化させる要因と、関西経済への影響について丁寧に検討していきます。具体的には、米中貿易摩擦は今後どのように推移していくのか、その影響は中長期的にどの程度深刻なものとなるのか、台風などの突発的な自然災害はインバウンド需要にどの程度の影響を与えるのか、といった点について議論を深めていきます。

会合の前半では、当研究所独自の四半期レポートによる日本・関西経済の短期見通しを報告いたします。後半のディスカッションでは、中国経済研究家の津上俊哉氏をはじめ、各界の有識者をお迎えし、中国経済の実態と課題、米中貿易摩擦の行方、更なるインバウンド需要を取り込むための戦略など、日本・関西経済を巡る課題について、議論をさせて頂く予定でございます。

? 定員:120名(定員になり次第締め切ります)

締切:12月12日(水)

表:過去の開催内容09
日時

2018年12月14日(金) 15:00~17:00

会場

グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル  タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C01-02 (大阪市北区大深町3-1)

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

講師

■「景気分析と予測:日本・関西経済の短期見通し」

稲田義久 アジア太平洋研究所数量経済分析センター センター長、甲南大学経済学部教授


■討論会「世界同時株高、いざなぎ超え、好調関西経済の総検証」

パネリスト (氏名五十音順・敬称略)

愛宕伸康 岡三証券 株式会社 チーフエコノミスト

津上俊哉 津上工作室代表、現代中国研究家

松林洋一 APIR主席研究員、神戸大学大学院経済学研究科教授


■ コーディネーター :稲田義久


その他

【お問合せ先】 一般財団法人 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 藤田 TEL:06-6485-7692
*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

特別セミナー「歴史からひもとく北朝鮮経済」(会員無料、非会員5,000円)

概要

APIRでは、特別セミナーを開催致します。広く皆様と考えていきたい時宜にかなったテーマについて有識者をお迎えし、ご講演戴くものでございます。

今回は、北朝鮮経済について歴史的視座から、青山学院大学国際政治経済学部教授の木村光彦氏にご講演戴きます。

米朝首脳会談が行われ、今、注目される北朝鮮ですが、現在にいたるまでその経済は多くの謎に包まれています。どのような経済が生成されてきたのか、そこに日本はどの様に関係しているのか、北朝鮮経済の実態を統計と実証研究により、解説戴きます。

ご関心のある方々は、是非ご参加戴きます様、宜しくお願い申し上げます。

 

定員:60名(定員になり次第締め切ります)

 

【本件お問合わせ先】アジア太平洋研究所 吉道、西川 TEL06-6485-7692

表:過去の開催内容10
日時

2018年12月7日(金) 15:00-17:00

会場

グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C03(大阪市北区大深町3番1号)

主催

アジア太平洋研究所

後援

日本経済研究センター

講師

木村 光彦 氏

青山学院大学国際政治経済学部国際経済学科教授


その他

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。

【申込締切】APIRフォーラム「都市におけるIoTの活用」~センシングデータ流通の将来展開とパーソナルデータ利活用に向けた情報保護~

概要

APIRでは、自主研究「都市におけるIoTの活用(リサーチリーダー 下條真司 上席研究員/大阪大学サイバーメディアセンター 教授・センター長)」において、未来の街づくりを見据えた都市におけるIoTの活用をテーマに研究を進めています。今般、研究の一環としてフォーラムを開催いたします。

これからの街づくりにおいては、さまざまなデータの活用による利便性向上や保安・防災の高度化が求められています。しかし一方で、「人のデータ」の活用に対する漠然とした不安が払拭されているとは言い難い状況にあります。

そこで今回のフォーラムでは、センシングデータ流通市場、個人情報の定義・匿名加工情報*などの最新情報と今後の展望について紹介することで、データ利活用と情報保護を一体的に理解できる機会を提供できれば幸いです。IoTを活用した街づくりや広くデータ利活用のアプリケーションにご関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

 

参加費:無料

定員:100名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

表:過去の開催内容11
日時

2018年11月26日(月) 14:00~16:00

会場

ナッレジキャピタル コングレコンベンションセンター ルーム3 (グランフロント大阪 北館地下2階、大阪市北区大深町3-1)

主催

一般財団法人 アジア太平洋研究所 (APIR)

後援

近畿総合通信局、近畿経済産業局、大阪府、大阪市、
公益社団法人関西経済連合会、組込みシステム産業振興機構

講師

●講演1「IoT・センシングデータ流通の未来~いかに新しい価値を創造していくか~」

  竹林 一 氏 (オムロン株式会社 イノベーション推進本部 SDTM推進室長)


●講演2「センシングデータの活用とプライバシー・個人情報の保護~最近の実証事例に学ぶ ~」

  間形文彦 氏 (NTTセキュアプラットフォーム研究所 セキュアアーキテクチャプロジェクト セキュリティデザイングループ 主幹研究員/セキュリティプリンシパル)


その他

【お問合せ先】 アジア太平洋研究所 アウトリーチ推進部 吉道・藤田 TEL:06-6485-7692

*ご記入いただいた情報は、当研究所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配付させていただきます。