講演会・シンポジウム

event

過去の開催内容 : 2020年度

≪期間限定≫解説動画配信:APIR事業報告・「アジア太平洋と関西 - 関西経済白書 2020 -」

概要

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)では、『アジア太平洋と関西 関西経済白書』を毎秋刊行しており、本年は10月5日に2020年度版を発表いたしました。

例年は事業報告会と併せて発表会を開催し、研究活動をはじめとする弊所事業活動について広くお知らせするとともに、本書の内容をみなさまにご紹介する場を設けておりましたが、今年は新型コロナウイルス(COVID-19)感染により、例年の形式での発表会開催が困難な状況となっております。そこで、5月に刊行いたしました2019-20関西経済白書(英文)と同様に、事業報告ならびに本書の概要説明を収録しました動画をWEBサイトに掲載する形でみなさまにお届けいたします。

今年度の白書では、「パートI アジア太平洋の政治経済の現況と課題」および「パートⅡ 関西経済の直面する問題と回復へのシナリオ」の2つのテーマを携えました。前半では、COVID-19を含め、世界で注目されている諸リスクを取り上げ、アジアのグローバル・バリューチェーンを取り上げてリスクと課題を分析しています。後半では、前半の分析に依拠しつつ、関西経済の回顧と予測、ポストコロナを見据えたインバウンド戦略、スポーツ産業の現状と課題等について分析しています。また、今年は、パートⅢにCOVID-19感染拡大の動態と、日本と世界主要国の対応状況をクロノロジ―としてまとめています。

本書は、民間企業のみならず、官公庁・自治体、大学等で広くご活用いただいておりますが、アジア太平洋諸国・地域と日本・関西経済の発展にご関心の高い多くの方々に、是非ご視聴いただきたいと思います。

WEBサイトへの掲載期間:10月5日(月)午後~9日(金)

(10月12日以降は会員専用ページにて閲覧可能。会員企業の方は事務局までお問い合わせください)

表:過去の開催内容02
日時

2020年10月5日(月)午後~9日(金)

会場

10月5日午後2時以降、トップページのバナーより「関西経済白書2020」ページへリンクいたします

講師

<配信内容>
事業報告: 岩野 宏 アジア太平洋研究所 代表理事

『アジア太平洋と関西 - 関西経済白書 2020 -』解説
ご挨拶  稲田義久 アジア太平洋研究所 研究統括兼数量経済分析センターセンター長
解説: PartⅠ 松林洋一 アジア太平洋研究所 主席研究員
後藤健太 アジア太平洋研究所 主席研究員
PartⅡ 稲田義久 アジア太平洋研究所 研究統括兼数量経済分析センターセンター長

その他

【ご連絡先】TEL:06-6485-7690 FAX:06-6485-7689
(担当:芝田、西盛、藤田)

PDF

Covid-19 Chronology, 2020PDF

【満席につき締め切りました】オンラインフォーラム:景気討論会「ポストコロナ期の日本・世界経済の行方を読む」-コロナ危機をチャンスに変えるために-

概要

当研究所では、最新の日本・関西経済の見通しを報告するとともに、年に一度、時宜に適ったテーマで有識者による景気討論会を開催しております。

足下の我が国経済は、4-6月期実質GDP成長率の大幅なマイナスが予想される一方、政府は比較的早期の回復シナリオを描いています。しかし、世界に目を転ずれば感染拡大の勢いは衰えることなく、世界経済の回復は後ずれを余儀なくされています。日本においても内需・外需ともに低迷し、戦後最大の経済危機が懸念されます。今後は感染防止対策と経済活動のバランスを図りながら、ポストコロナ期の「新常態」を生き抜くための中長期的な政策が求められます。

今回は、数多くのメディアで活躍されているBNPパリバ証券の河野龍太郎氏をお招きし、鋭い分析と明確な予測により日本・世界経済の現況・見通しを解説いただきます。そして、現下のコロナ危機を好機へと転換させる方策について、広い視野で議論を行いたいと考えています。

なお、本会合はコロナ禍の状況を鑑み、オンラインセミナー形式とさせていただきます。多数のご参加をお待ちしております。

 

定員:100名(満席になり次第締切)

参加費:無料

締切:2020年8月24日(月)⇒満席になりましたので締め切りました

※ なお、諸般の事情により本会合の動画配信はございません。あらかじめご了承ください。

表:過去の開催内容03
日時

2020年 8月28日(金)13:30~15:00

会場

オンラインフォーラム(Zoomウエビナーによる実施)

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

講師

<次第> (敬称略)
第1部:経済見通し
・予測概要1「景気分析と予測:日本・関西経済の短期見通し」
  稲田 義久 APIR研究統括兼数量経済分析センターセンター長、甲南大学教授
・予測概要2「日本・世界経済の見通し(仮)」
  河野龍太郎 BNPパリバ証券経済調査本部長・チーフエコノミスト
第2部:討論会「ポストコロナ期の日本・世界経済の行方を読む」
討論者  河野龍太郎 BNPパリバ証券経済調査本部長・チーフエコノミスト
     稲田 義久 APIR研究統括兼数量経済分析センターセンター長、甲南大学教授
モデレーター  松林 洋一 APIR主席研究員、神戸大学大学院経済学研究科教授

その他

■締め切り 8月24日(月)⇒満席になりましたので締め切りました
■参 加 費 無料
■申込方法 APIRウェブサイト(https://www.apir.or.jp/event/)よりお申込み下さい。
追って、事務局より、ご登録いただきました個人メールアドレス(代理アドレス不可)に、セミナー情報(URL、ID、パスワード等)をお知らせいたします。

【ご連絡先】TEL:06-6485-7692 FAX:06-6485-7689 e-mail: kouenkai@apir.or.jp
(担当:真鍋(昌)、藤田)

オンラインフォーラム「アジアにおける経済のダイナミズムとグローバリゼーションの展望」~コロナ禍がグローバル・バリューチェーンに及ぼす影響~

概要

当研究所自主研究プロジェクト「アジアにおける経済統合の展望と課題」(リサーチリーダー:木村福成 APIR上席研究員/慶應義塾大学経済学部教授)では「アジアにおける経済のダイナムズムとグローバリゼーションの展望」と題したシリーズ講演会の開催を軸として、2019年度より研究活動に取り組んでおります。

今回は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界に及ぼす多大な影響を踏まえた緊急企画として、題記によりセミナーを開催させていただきます。

グローバル・バリューチェーン(GVC)の現状およびコロナ禍によって顕在化した課題を整理し、ポストコロナ社会におけるGVCのあるべき姿について、とりわけ日本経済と関わりの深いアジアおよび中国、それぞれの視点における論議を展開します。

なお、今回はコロナ状況を鑑み、WEBセミナー形式とさせていただきます。奮ってご参加ください。

表:過去の開催内容04
日時

2020年 6月26日(金)13:00~14:30

会場

オンラインフォーラム(Zoomウエビナーによる実施)

主催

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)

講師

(敬称略)
・主旨説明 
       木村福成(APIR上席研究員/慶應義塾大学経済学部教授/
           東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)チーフエコノミスト)
・基調講演1   梶谷 懐(APIR主席研究員/神戸大学大学院経済学研究科教授)
 コメンテーター 真家陽一(名古屋外国語大学外国語学部教授)
・基調講演2   椎野幸平(APIRリサーチャー/拓殖大学国際学部准教授)
 コメンテーター 後藤健太(APIR主席研究員/関西大学経済学部教授)

・パネルディスカッション
〈コーディネーター〉木村福成 
〈パネリスト〉   梶谷 懐 
          真家陽一 
          椎野幸平 
          後藤健太 

その他

■締め切り 6月24日(水)
■参 加 費 無料
■申込方法 APIRウェブサイト(https://www.apir.or.jp/event/)よりお申込み下さい。
追って、事務局より、ご登録いただきました個人メールアドレス(代理アドレス不可)に、セミナー情報(URL、ID、パスワード等)をお知らせいたします。

【ご連絡先】TEL:06-6485-7692 FAX:06-6485-7689 e-mail: kouenkai@apir.or.jp
(担当:真鍋(昌)、藤田)

≪期間限定≫英語版:関西経済白書 解説動画配信『 Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2019-20 』

概要

一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)は『アジア太平洋と関西』関西経済白書(日本語)を、毎秋に刊行して参りました。その日本語を基に、新たに編集し英訳した『Kansai and the Asia Pacific, Economic Outlook:2019-20』を今年は5月に刊行致しました。

例年は発表会を開催し、本書の内容をみなさまにご説明する場を設けておりましたが、今年はコロナウイルスの影響を受け発表会を中止せざるを得ない事態となりました。そこで、本書の概要説明を収録しました動画をWEBサイトに掲載する形でみなさまにお届けいたします。尚、本解説は英語による解説とさせていただきます。

今年の白書は「パートⅠ アジア太平洋の政治経済の現況と課題」および「パートⅡ 関西経済再浮上に向けて-平成の総括と大阪・関西万博への展望」の2部にて構成されております。前半では、平成30年間の世界・日本経済を振り返った上でのアジア太平洋地域の今後の展望を解説しています。後半では、関西経済が再浮上していくための戦略に関して、「大阪・関西万博」開催を視野に入れたインフラ整備拡充の必要性や、更なるインバウンドビジネス需要の取り込み等を主なテーマとしてご説明しています。

本書は、民間企業のみならず、駐日公館、官公庁・自治体、大学を中心に活用されておりますが、アジア太平洋諸国・地域と日本、関西との一層の経済交流を願う多くの方々に、是非ご視聴いただきたいと思います。

 

使用言語:英語

WEBサイトへの掲載期間:6月10日~14日

(6月15日以降は会員専用ページにて閲覧可能。会員企業の方は事務局までお問い合わせください)

表:過去の開催内容05
日時

2020年6月10日(水)午後~14日(日)

会場

6月10日午後、トップページにてリンク先をお知らせします

講師

≪配信内容≫

『Kansai and the Asia Pacific, Economic Outlook: 2019-20』解説

ご挨拶  本多佑三 アジア太平洋研究所 研究統括

解説   稲田義久 アジア太平洋研究所 研究統括

     後藤健太 アジア太平洋研究所 主席研究員