In the news

press

In the news

木下調査役 が「Kyodo Weekly」に寄稿

木下調査役 が「Kyodo Weekly」に寄稿

DATE |

「日本一厳しい」ブランド管理

掲載メディア:Kyodo Weekly, No.15, 2021/4/12

関西のインバウンド振興に向けたシンポジウムを開催

関西のインバウンド振興に向けたシンポジウムを開催

DATE |

2016年度から取り組んでいるインバウンド需要構造の分析に関するプロジェクトの成果発表として、APIRオンラインシンポジウム「インバウンド先進地域としての関西 -コロナ禍の振り返りと今すべきこと-」を2021年3月4日(木)に開催いたしました。

 

シンポジウム当日の投影資料はこちら

シンポジウム概要をまとめた小冊子はこちら

最新の2020・21年度関西経済見通しが掲載

最新の2020・21年度関西経済見通しが掲載

DATE |

一般財団法人アジア太平洋研究所では、最新の「日本経済四半期予測」と「関西経済予測」を発表しました。

日本経済四半期予測の詳細はこちら

関西経済予測の詳細はこちら

掲載メディア:日本経済新聞 (3/3、関西経済)、読売新聞 (3/3)、京都新聞 (3/3)、神戸新聞 (3/3)、京都新聞 (4/8)、神戸新聞 (4/8)、河北新報 (4/8)、静岡新聞(4/8)、宮崎日日新聞 (4/8)

川本調査役が「Kyodo Weekly」に寄稿

川本調査役が「Kyodo Weekly」に寄稿

DATE |

最後のライスボウル

掲載メディア:Kyodo Weekly, No.9, 2021/3/1

芝田総括調査役が「Kyodo Weekly」に寄稿

芝田総括調査役が「Kyodo Weekly」に寄稿

DATE |

心の裕福とは何か

掲載メディア:Kyodo Weekly, No.6, 2021/2/8

オンラインセミナーの収録動画を会員限定にて公開

オンラインセミナーの収録動画を会員限定にて公開

DATE |

2021年1月27日(水)に開催いたしました、ポストコロナオンラインセミナー(第2回)「財政の現状と課題、コロナ後の再建に向けて」の収録動画を会員限定にて公開しました。

APIR会員企業の方は、会員専用ページよりログインのうえ、閲覧いただきますようお願いいたします。

野村研究員が「Kyodo Weekly」に寄稿

野村研究員が「Kyodo Weekly」に寄稿

DATE |

地域の魅力を再発見

掲載メディア:Kyodo Weekly, No.52&1, 2020/12/28・2021/1/4

第9回アジア・スマートシティ会議

第9回アジア・スマートシティ会議

DATE |

横浜市主催の第9回「アジア・スマートシティ会議(Asia Smart City Conference: ASCC)」(SCI-Japan特別フォーラムとの連続開催)が下記の通り開催されます。ご興味のある方は、下記によりお申込みください。

 

【テーマ 】
カーボンニュートラルの実現に向けた都市間連携によるスマートシティ
~コロナ時代の展望~
【開催日時】 2021年1月18日(月) 10時~18時(予定)
【開催形式】 オンライン形式(事前登録)
【使用言語 】 日本語・英語(同時通訳付)
【主催者 】 横浜市
【企画・運営】
アジア開発銀行研究所(ADBI)
世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)
■お申込み(事前参加登録)はこちら

<お問合せ先>第9回アジアスマートシティ会議事務局
メール:yokohama-ascc9@murc.jp

最新の2020・21年度関西経済見通しが掲載

最新の2020・21年度関西経済見通しが掲載

DATE |

一般財団法人アジア太平洋研究所では、最新の「日本経済四半期予測」と「関西経済予測」を発表しました。

日本経済四半期予測の詳細はこちら

関西経済予測の詳細はこちら

木下研究員が生活経済学会にて研究報告

木下研究員が生活経済学会にて研究報告

DATE |

2020年12月12日(土)、生活経済学会中部・関西部会2020年度合同研究大会がオンライン開催されました。

APIRからは、木下研究員が「健康経営優良法人認定は採用活動に有利なのか-『健康経営度調査』を用いた実証分析-」と題して発表を行いました。

プログラムはこちら

木下研究員がセミナーにて講演

木下研究員がセミナーにて講演

DATE |

2020年12月4日、NTTデータ関西プライベートセミナーにて、木下研究員が「関西の歴史から今,そして未来を読む」と題し講演を行いました。

第9回アジア・スマートシティ会議プレイベント『YOKOHAMA WEEK』

第9回アジア・スマートシティ会議プレイベント『YOKOHAMA WEEK』

DATE |

横浜市主催の第9回「アジア・スマートシティ会議(Asia Smart City Conference: ASCC)」のプレイベント「YOKOHAMA WEEK」が下記の通り今月開催されます。ご興味のある方は、下記によりお申込みください。

【イベント名】 第9回アジア・スマートシティ会議プレイベント『YOKOHAMA WEEK』
【開催期間】 2020年12月14日(月)~18日(金) 各日14時~19時
【会場】 ZOOM ウェビナー(参加費無料/事前登録制)
【使用言語 】 日本語(一部英語(同時通訳付))
【主催者 】 横浜市
【企画・運営】
一般社団法人スマートシティ・インスティテュート
特定非営利活動法人横浜コミュニティデザイン・ラボ
【プログラム詳細】 <日本語> <English
【説明動画(約1分) 】  <日本語> <English
■お申込み(事前登録)はこちら

■2021年1月18日(月)第9回アジア・スマートシティ会議(Asia Smart City Conference: ASCC)を開催

テーマ:「カーボンニュートラルの実現に向けた都市間連携によるスマートシティ〜コロナ時代の展望〜」(概要はこちら

 

<お問合せ先>一般社団法人スマートシティ・インスティテュート事務局 土屋
メール:digital society@muirc.jp
電話:03 6733 1027
URL:https://ww w.sci japan.or .jp

木下研究員が日本応用経済学会に参加

木下研究員が日本応用経済学会に参加

DATE |

2020年11月21~22日、2020年度日本応用経済学会秋季大会がオンライン開催されました。

APIRからは、木下研究員が22日に参加し、尾道市立大学・堀江進也氏の発表「経済学的手法を用いたCOVID-19ウイルスの国内侵入・国内感染拡大の抑制政策」における討論者としてコメントを行いました。

木下調査役 が「Kyodo Weekly」に寄稿

木下調査役 が「Kyodo Weekly」に寄稿

DATE |

京料理は意外と・・・。

掲載メディア:Kyodo Weekly, No.44, 2020/11/2

「これからの東アジア 保護主義の台頭とメガFTAs」が刊行

「これからの東アジア 保護主義の台頭とメガFTAs」が刊行

DATE |

2015年度から3年にわたって取り組んだプロジェクト「アジア太平洋地域の政治・経済的協力のあり方」「環太平洋経済連携協定(TPP)と東アジア経済統合」「アジア太平洋地域におけるFTAとEPAのあり方」(リサーチリーダー:木村福成慶應義塾大学教授)の研究成果として、文眞堂より10月9日に刊行されました。

本書のご購入はこちら

後藤主席研究員が第32回「アジア・太平洋賞」特別賞を受賞

後藤主席研究員が第32回「アジア・太平洋賞」特別賞を受賞

DATE |

アジア経済とは何か-躍進のダイナミズムと日本の活路-」(中公新書):後藤主席研究員の指導のもと取り組んだプロジェクト「中所得国の新展開」の研究成果として、2019年12月に刊行されました。

※「アジア・太平洋賞」は、過去1年間(2019年7月1日~2020年7月上旬)に日本語で発刊されたアジア・太平洋地域に関する優れた本を著した研究者、実践者、ジャーナリストらに贈られます。

「アジア太平洋と関西 関西経済白書2020」を発行しました

「アジア太平洋と関西 関西経済白書2020」を発行しました

DATE |

2020年10月5日、「アジア太平洋と関西 関西経済白書2020」を発行しました。今年度は通常のアジア太平洋地域、日本・関西経済の分析のほか、COVID-19感染拡大の動態と、日本と世界主要国の対応状況をクロノロジ―としてまとめています。

クロノロジーの内容はこちら

掲載メディア:日本経済新聞 (10/5,9電子版、10/6,8)、朝日新聞 (10/6)、京都新聞 (10/6)、四国新聞 (10/6)、日刊産業新聞 (10/6)、鉄鋼新聞 (10/9)、Fujisankei Business i(10/13)

真鍋総括調査役 が「Kyodo Weekly」に寄稿

真鍋総括調査役 が「Kyodo Weekly」に寄稿

DATE |

TAKARAZUKA FOREVER

掲載メディア:Kyodo Weekly, No.40, 2020/10/5

「マクロモデル研究会」をオンライン開催

「マクロモデル研究会」をオンライン開催

DATE |

2020年9月11日(金)、第14回「マクロモデル研究会」を開催した。コロナ禍により本研究会史上初のオンライン開催となったが、全国各地から約60人の専門家の参加を得た。

マクロモデル研究会の概要はこちら

木下研究員が生活経済学会にて研究報告

木下研究員が生活経済学会にて研究報告

DATE |

2020年9月12日(土)~13日(日)、生活経済学会第36回研究大会がオンライン開催されました。

13日、APIRからは、木下研究員が「健康経営度調査を用いた健康経営施策の実証分析」と題して発表を行いました。

研究大会の詳細はこちら