アジア太平洋と関西 関西経済白書2016

アジア太平洋と関西 関西経済白書2016

2016年10月13日発売
定価2,700円(税込)

※ 日本語版の抜粋による英語版
「Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2015-16」
も発売しております

※ 表紙写真提供 株式会社竹中工務店

『アジア太平洋と関西 関西経済白書2016』を発売しました。

本書は、日本あるいは関西経済が貿易相手国であることに加え、グローバルなバリューチェーンを通じてアジア太平洋地域の一部に組み込まれているという視点と、その環境下で、中長期的に関西が日本のフロントランナーとなるために何が重要かを分析しております。

PartⅠはアジア太平洋、PartⅡは関西の経済について述べ、全部で35ものSection及びColumnで構成しております。

PartⅠ「中国依存から脱却するアジア太平洋経済」では、この地域に生じている変化を分析しております。今や世界の多くの国々で最大の貿易国となった中国の経済減速は関西経済にもマイナスの影響を与えました。一方でAECやTPPなど中国を含まない広域連携の動きが広がり、フィリピン・インドネシア・台湾・ミャンマーでは民主的に政権交代が行われました。関西経済とこの地域の深まる絆について取り上げております。

PartⅡでは、足下の日本・関西の経済の動きを見極め、中期的な課題について掘り下げております。日本および関西経済について、デマンドサイドから回顧と展望を分析し、サプライサイドから、中小企業の生産性と賃金、人材としての留学生や女性の問題を分析しております。更に最近の事象から関西を見て、中期的に成長牽引が期待されるインバウンドや医療について課題を分析しています。

本書には、関西経済の明日を築くヒントを様々な視点から織り込んでおります。関西のみならず、アジア太平洋の未来に情熱を抱くすべての方々に、ご活用いただきたいと願っております。

※ 資料編「データでみる関西」データのダウンロードはこちらから。

ご購入について

Amazon・丸善・ジュンク堂など全国の書店で取扱販売。購入をご希望の方は、下記バナーをクリックしてください。

  • amazon