2012年度の文献一覧(164件)

大野 泉
研究プロジェクト

中小企業の東南アジア進出に関する実践的研究

[ 2012年度/アジア太平洋経済展望 ] AUTHOR大野 泉 DATE2012-04

Abstract/Keywords

中小企業、東南アジア、海外展開支援、ベトナム、知的ネットワーク

リサーチリーダー 大野 泉 政策研究大学院大学教授   研究成果概要 本研究は、日本の中小企業が「ものづくり」を東アジア諸国で展開するために相手国および日本側でとるべき施策・体制を検討し、提言を策定することを目的としています。2012年度は、関西のものづくり中小企業のベトナム進出支援に関わる諸問題に焦点をあてて分析・検討を行いました。そして、ものづくり中小企業が海外進出の際に直面する途上国側と国内の課題を明確にし、政府・地方自治体、国内支援機関、経済協力機関、企業や研究者等の参考に資することを念頭に、日越の支援ネットワークの結合を含む提言をとりまとめました。研究を進めるにあたっては、実践とネットワーキング、政策的な働きかけを意識して、オープンな研究会を運営したり、ベトナムの工業団地に関する情報等、国内支援機関や企業に役立つ具体的情報を提供することに努めました。本報告書の分析と提言、及び研究プロセスで構築された知的ネットワークが、関係者の皆様に役立つことを願っています。 詳細はこちら   研究目的 わが国の中小企業の「ものづくり」がアジアに展開しつつある。また政府はそれを支援するための体制を構築している。この動きを現場レベルで実践・推進するために、日本および投資受け入れ国でとるべき具体的施策を検討し、提言をとりまとめる。   研究内容 ○国内での議論と海外調査(ベトナム)を組み合わせて実施 ・中小企業の海外進出に関する考察 ・現地工業団地の状況調査、誘致政策等の把握 ・途上国における人材育成の課題の把握 ○自治体、経済協力機関へのヒアリング ○国・自治体・企業・経済協力機関等のネットワーク構築 ・近畿経済産業局をはじめとする近畿地域中小企業海外展開支援会議の構成機関等との連携にも努める   メンバー 大野健一 (政策研究大学院大学) 森 純一 (JICA専門家) 前田充浩 (産業技術大学院大学) 領家 誠 (大阪府商工労働部) 関係機関・企業・専門家等が参加するオープンな研究会方式   期待される研究成果 ・日本の中小企業が海外展開の際に直面する途上国側の課題を明確にし、今後の政策、企業の取組みに役立つ具体的な情報の提供 ・ベトナムの現場の取組みを踏まえ、実効性と政策インパクトのある分析と提言 ・国内外の知的ネットワークの構築への貢献
藤川 清史
研究プロジェクト

関西地域と広義の環境技術

[ 2012年度/イノベーション ] AUTHOR藤川 清史 DATE2012-04

Abstract/Keywords

グリーングロース,電気自動車,中小企業の省エネ,メタン発酵,廃棄物産業連関表

リサーチリーダー 藤川 清史 名古屋大学教授 研究成果概要 本研究で注目したのは、(1)都市の低炭素化と(2)ゴミの減量化です。(1)については、電気自動車の使用促進、スマートグリッドの導入、中小企業の省エネ投資を対象にしました。省エネ投資は需要増加の側面があることの広報、また中小企業に対しては各種補助制度の広報や周知が重要であることが確認されました。(2)については、食品工業・外食産業の食品廃棄物および畜産廃棄物からのメタンガス抽出(リサイクル)を対象にしました。このリサイクルを促進するためには、リサイクル施設の集約化および地方公共団体によるゴミ処理費用の「引き上げ」によって、リサイクル費用を相対的に低下させることが重要であると確認されました。詳細はこちら 研究目的 ○新環境政策の導入によって、関西の人々のライフスタイルやエネルギー消費行動がどのように変化し、それによりどのような新ビジネスの創造が可能であるかを探る。 ○関西企業が環境配慮型のビジネスモデルを導入した場合、各産業部門の環境負荷構造がどのように変化し、またそれがどのような新ビジネスを創造するのかを検討する。 研究内容 ○市場を利用した環境政策(炭素税、固定価格買取制度、排出権取引)の導入による家計の負担上昇を把握し、不公平感が生じないような制度設計を提案する。また、エネルギー価格の上昇などマクロ経済への影響も検討する。 ○国内CDMや国内REDDの推進によるPES(生態系への支払い)としての林業支援の可能性、食物残渣や畜産廃棄物の資源化による省資源・省エネ効果、耕作放棄地の発電施設としての利用による農家支援等の経済効果を分析する。 ○エスコ事業などの事例を取り上げ、サービサイジング・ビジネスの省資源・省エネ効果を分析する。 ○スマートグリッド関連設備投資の経済効果を検討する。 メンバー 楠部孝誠 (石川県立大学) 下田 充 (日本アプライドリサーチ研究所) 藤本高志 (大阪経済大学) 松岡憲司 (龍谷大学) 吉田 登 (和歌山大学) 期待される研究成果 アジア太平洋研究所研究資料「環境技術と関西経済」としてまとめ、幅広く発信 研究成果 7月27日に第4回研究会を開催しました。 6月8日に第3回研究会を開催しました。 5月18日に第2回研究会を開催しました。 4月24日に第1回研究会を開催しました。
小川 一夫
研究プロジェクト

関西地域の投資戦略

[ 2012年度/地域発展戦略 ] AUTHOR小川 一夫 DATE2012-04

Abstract/Keywords

投資戦略

リサーチリーダー 小川 一夫 大阪大学教授 研究成果概要 本プロジェクトでは、関西企業における高度な技術や専門的な知識を持った外国人財(高度外国人財)の活用状況を調査しました。関西の大学には多くの留学生が学んでいますが、卒業後に関西の企業に就職する割合は高くありません。その原因を明らかにするために、企業と留学生の両方を対象に、共通の質問項目を含むアンケート調査を同時に実施しました。その結果、企業と留学生の間には就業年数にミスマッチがあることがわかりました。一方、企業が期待する能力と留学生が発揮したい能力にはミスマッチは大きくないことから、留学生の定着のためには、多様なニーズを持つ企業と留学生をマッチングさせる仕組みを構築し、外国人にとって快適な生活環境を整備することが必要です。詳細はこちら 研究目的 自然災害、円高などの不確実な環境において関西が持続的な発展を維持するには、どのような投資戦略が必要 かを考察する。アジア新興国は高成長を遂げており、その原動力は活発な企業活動にある。このような企業を関西に呼び込むことで、関西における投資の呼び水 となり地域活性化がもたらされることも考えられる。また、留学生が卒業後関西で活躍できる場を提供することにより関西活性化につながることが期待できる。 関西への対内直接投資、人的投資を通して外国人による関西の活性化効果について検討する。 研究内容 ○研究者、企業関係者、行政関係者、シンクタンク等をメンバーとするオープンな研究体制 ○関西への対内直接投資、関西における留学生・外国人労働者に関するデータ収集と分析、留学生・外国人労働者に対する関西活性化に関するアンケート ○アジアにおける対内直接投資が活発な地域、海外からの留学生・労働者を活用し活性化を行っている地域の現地調査 メンバー 荒井信幸 (和歌山大学) 松林洋一 (神戸大学) 期待される研究成果 ・データ分析から関西における対内直接投資、留学生・外国人労働者の現状を描写し、投資や雇用の阻害要因を明確化 ・阻害要因を克服し、投資や雇用を促進する戦略の明確化、 戦略の実施による関西経済への効果の定量的情報提供 ・海外からの直接投資や人的投資による活性化を達成するために必要な民間の取組み、国・自治体による制度・政策対応の提言
高林 喜久生
研究プロジェクト

関西経済予測と関西経済構造分析

[ 2012年度/地域発展戦略 ] AUTHOR高林 喜久生 DATE2012-04

Abstract/Keywords

域際収支、地域間産業連関表、関西景気指標、段ボール生産

リサーチリーダー 高林 喜久生 関西学院大学教授 研究成果概要 「国際収支(=輸出-輸入)の地域版」である域際収支(=移出-移入)の分析からは、関西から関東への波及効果は大きく、その逆方向の効果は小さいことがわかりました。また、国・地域の景気指標(CI)の連動関係の分析からは、関西経済はアジア諸国・地域とのつながりが深く、リーマンショック以前は韓国、それ以降は中国からの影響を強く受けていることがわかりました。本研究の結果からも関西の景気変動の独自性は明らかで、速報性・信頼性を持つ関西景気指標(CI)の開発が求められます。分析の結果、関西景気指標は、需要、生産、所得、雇用の4指標をベースに簡便に作成できることがわかりました。また、ユニークな景気指標として、「段ボール生産」が地域の景気の一致指標として要注目です。詳細はこちら 研究目的 関西経済の現状分析と予測。関西活性化に資するテーマに関する構造分析の視点からの研究。関西の府県別経済構造分析ならびに関西景気指標の開発と応用。これらを通じて、関西経済の課題と対応策を明らかにする。 研究内容 ○マクロ計量モデル分析による日本・関西経済の現状分析と予測 ○地域産業連関分析による関西経済の構造分析や観光消費の経済波及効果分析、独自の連関表の維持・拡張 ○関西景気指標の開発ならびに応用 ○アンケート・ヒアリング・現地調査による関西の実態把握 ○マクロ経済研究会における会員企業若手スタッフとの共同作業 メンバー 稲田義久 (甲南大学) 地主敏樹 (神戸大学) 下田 充 (日本アプライドリサーチ研究所) 入江啓彰 (近畿大学短期大学部) APIRマクロ経済研究会会員企業メンバー 期待される研究成果 ・四半期経済予測(2、5、8、11月)の発表 ・関西エコノミックインサイト(同上)の発表 ・関西経済に焦点を当てた景気討論会の開催 研究成果 11月9日に第2回マクロ経済研究会を開催しました。 9月13日に第1回マクロ経済研究会を開催しました。 4月24日に第1回研究会を開催しました。