各種ご案内

information

関西経済白書

アジア太平洋と関西

アジア太平洋と関西

2019/10/10発売

定価 2,500 円

正誤表はこちら

 

※ 英語版
「Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2018-19」も発売しております

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「関西経済白書~アジア太平洋と関西~」は毎年、足下のアジア太平洋及び関西/日本の主要な論点を分析し、提言を行っている経済白書でございます。

今年度の「関西経済白書2019~アジア太平洋と関西~」では、PartIで「アジア太平洋の政治経済の現況と課題」、PartIIで「関西経済再浮上に向けて -平成の総括と大阪・関西万博への展望」という2つのテーマを携えました。

PartIは、足下のアジア太平洋地域を巡る政治経済の課題をマクロ的観点より分析しました。令和への元号改定を踏まえ、過去平成30 年間の世界・日本経済を振り返り、その上で、アジア太平洋を中心とする今後の世界経済の展望について、米中貿易摩擦などの主要テーマを題材に考察しました。

 

PartIIでは、関西経済が再浮上していくために必要となる課題を取り上げました。PartⅠと同様に、平成30年間の関西経済の輸出構造を振り返った上で、堅調な成長を支えるインバウンド・ビジネス戦略及び関西経済の地域間交易構造の現状と課題について、分析を行いました。

 

このように本書では、今年も様々な視点から、アジア太平洋と関西の未来を築くヒントを織り込んでおります。アジア太平洋及び関西/日本経済発展に情熱を抱くすべての方々に、是非ご活用いただきたいと願っております。