各種ご案内

information

関西経済白書

アジア太平洋と関西

アジア太平洋と関西

2020/10/5発売

定価 2,500 円

※ 英語版
「Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2019-20」も発売しております

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「関西経済白書~アジア太平洋と関西~」は毎年、足下のアジア太平洋及び関西/日本の主要な論点を分析し、提言を行っている経済白書でございます。

今年度の「アジア太平洋の政治経済の現況と課題」では、PartIで「アジア太平洋の政治経済の現況と課題」、PartIIで「関西経済の直面する問題と回復へのシナリオ」という2つのテーマを携えました。

PartIは、主にアジアのグローバル・バリューチェーンを取り上げて、COVID-19を含めた世界の諸リスクへの対策と課題に焦点を当てています。

PartIIでは、PartIの分析に依拠しつつ、関西経済の回顧と予測、ポストコロナを見据えたインバウンド戦略、スポーツ産業の現状と課題等について分析しています。

また、今年は、PartⅢにCOVID-19感染拡大の動態と、日本と世界主要国の対応状況をクロノロジ―としてまとめています。

このように本書では、今年も様々な視点から、アジア太平洋と関西の未来を築くヒントを織り込んでおります。アジア太平洋及び関西/日本経済の発展にかかわるすべての方々に、是非ご活用いただきたいと願っております。

 

※ Part III: COVID-19 Chronology はこちら

 

<ご購入案内>

官報Amazonhonto・丸善・ジュンク堂など全国の書店で取扱販売。