各種ご案内

information

関西経済白書

アジア太平洋と関西

アジア太平洋と関西

2018/10/29発売

定価 2,500 円

※ 英語版
「Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook 2017-18」も発売しております

※ 表紙写真提供
「関西地域 鳥瞰図 」株式会社アートバンク

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「関西経済白書~アジア太平洋と関西~」は毎年、足下のアジア太平洋及び関西/日本の主要な論点を分析し、提言を行っている経済白書でございます。

今年度の「関西経済白書2018~アジア太平洋と関西~」では、PartIで「アジア太平洋の政治経済の現況と課題」、PartIIで「関西経済が目指す方向性」という2つのテーマを携えました。
PartIは、日本・米国・中国・ユーロ圏という世界経済を牽引する主要国の国内経済の変化に関する分析や、節目にある財政金融政策の転換が世界経済・日本経済に与える影響、足下で注目度が高い中国経済の実態、米国の利上げしている金融引き締めに途上国経済は耐えられるのか等、アジア太平洋地域の経済を考えていく上で必須となる論点を内包しました。

PartIIでは、関西経済を牽引する「2つ」の輸出というテーマで、アジアを中心とする積極的な外需が牽引する機械部品等の「モノ」の輸出と、訪日外国人の国内での消費などの「サービス」の輸出(統計上の分類ではインバウンド消費は「輸出」と分類)が関西経済に与えた好影響について分析し、関西経済が再び成長していくために必要な論点を考察しております。

このように本書では、今年も様々な視点から、アジア太平洋と関西の経済の未来を築くヒントを織り込んでおります。アジア太平洋及び関西/日本経済発展に情熱を抱くすべての方々に、是非ご活用頂きたいと願っております。