研究成果

research

インド/アジアの人材活用

リサーチリーダー

上席研究員 守屋貴司 立命館大学経営学部教授

 

研究の背景

米国の大手IT企業のCEO(グーグル、マイクロソフト等)として多くのインド出身者が活躍している。インド工科大学(IIT)は超難関大学として知られ、卒業生は現地のGAFA関連などの巨大企業の研究所への高度人材供給源となっており、国内起業家の育成にも熱心に取り組んでいる。また、インドを含め、シンガポール、ベトナムなどアジア諸国では、各国とも大学教育(産業界との連携)を含めて、先進的な取り組みを行い、高度人材を、自国の経済発展への繋げる動きが、活発、加速化している。

そこで、本研究プロジェクトでは、インドを中心に、シンガポール、ベトナムの3カ国に焦点をあて、下記通り検討を進めたい。

・優秀な高度人材を育成する環境、教育などに関して、各国の文化、風土を背景とした相違点や共通点を抽出、明確化する。

・世界企業が高度人材をどのように生かしているかを明らかにする。

・日本企業が積極的に高度人材に目を向けて、企業の成長に活かしていくための課題、高度人材獲得に向けた魅力的な制度、取り組みなどに関して研究会活動を通じて提言を行う。

 

研究内容

2020年度は、インド、シンガポールおよびベトナムにおいて上記の目的を達成するために、現地の新型コロナの影響を含めて最新状況の把握を中心に行い、まとめる。

インドをはじめとする文化・経済の調査・検討

インド人材の活用に関しては、カースト制などの社会構造制度の理解などが不可欠であり、インドを中心として文化や経済について、人材活用の背景を理解するために調査・検討を行う。

世界企業の高度人材活用に関する調査・検討

欧米の大手IT企業がインド/アジア人材をどのように活用しているか、新型コロナの影響を含めて、その実態を調査・検討し、分析を行う。現地の人材コンサルタント、企業駐在員などのWEBヒアリングなども行う。

 

研究体制

研究統括

稲田義久  APIR研究統括兼数量経済分析センター長、甲南大学教授

リサーチリーダー

守屋貴司  APIR上席研究員、立命館大学経営学部教授

リサーチャー

安田聡子  関西学院大学商学部教授

松下奈美子 名古屋産業大学現代ビジネス学部准教授

宮本和明  HENNGE株式会社 代表取締役副社長

奥田 智  株式会社をくだ屋技研 代表取締役社長

 

期待される成果と社会還元のイメージ

2020年度末に研究会成果報告書を取りまとめ、APIRホームページに掲載する。

インド/アジアの高度人材活用に関して活用されることを想定している。

 

<研究会の活動>

研究会

・2020年 8月25日   第1回研究会開催(オンライン)

・2020年 9月14日   第2回研究会開催(オンライン)

・2020年10月29日   第3回研究会開催(オンライン)

・2020年11月26日   第4回研究会開催(オンライン)

・2020年12月17日   第5回研究会開催(オンライン)

・2021年 1月29日   第6回研究会開催(オンライン)

・2021年 2月12日   第7回研究会開催(オンライン)

・2021年 3月12日   第8回研究会開催(オンライン)

研究成果

  • 2020年度報告書が完成しました。 [ 2021-04-27 ]